fbpx
About WIT.

東京都目黒区青葉台1-15-8 青葉台エスカリエB1F

03-6874-1995

Jump to contact page

Follow Us
WIT.

透明感 Tag

品のあるナチュラルな立体感を与える、WIT.のハイライトカラー

品のあるナチュラルな立体感を与える、WIT.のハイライトカラー

暖かくなるとオーダーが増えるのが、ハイライトカラーです。 ハイライトとは、ベースより明るい色の束をいくつも入れることによって動きや立体感を与えるものです。 WIT.のハイライトカラーのこだわりは、糸のように細い束を沢山入れることです。 メッシュと呼ばれていたものより、遥かに細く、その分多く入れることによって、ナチュラルで品のある立体感を生み出せます。 細く沢山入れるので、手間や時間は掛かってしまいますが、この一手間二手間で仕上がりに大きな差が出ます。 そしてWIT.のハイライトのもう一つの利点は、一度入れたらしばらく楽しめるということです。 細くたっぷり入れたおかげで、とてもナチュラルに仕上がるので、退色したり根元が伸びてきても品を失いません。 染めたてから色落ちする過程も楽しめるのがハイライトの魅力の一つです。 白髪染めをしている方でも、生えてきた白髪が馴染むのでハイライトを入れる方も多いです。 明るくしたいけどダメージが気になると言う方も、ハイライトを選択すればダメージを抑えつつも全体のトーンアップが可能です。 4月に入り新年度が始まりましたが、休校やテレワーク、外出自粛などで思うような生活ができない方も多いと思います。 ヘアスタイルが精神に及ぼす力は大きいと私達は思っています。 少しでも気分が明るくなるよう、暖かい季節を楽しみに出来るよう、髪色を変えてみてはいかがでしょうか。 無理のない範囲でのご来店お待ちしております。 ...

上質な艶と透明感のあるヘアカラーを実現する方法

艶のある髪の毛は、ヘアスタイルの魅力を何倍にも演出してくれます。 トリートメントなどのヘアケアも大切ですが、ヘアカラーで髪の毛に艶を与えることが出来ます。 そこで今回は、ヘアスタイルの魅力をより引き立てる艶カラーについてご紹介致します。 艶カラーと一般的なヘアカラーの違いを簡単にお伝えすると、配合されている色素によって分かれます。 艶髪とは光の反射によって得られるので、髪の毛に与える色素が重要になります。 近年、様々なメカニズムで髪の毛への負担を減らしながらも、艶感を演出する色素を多く含んだカラー剤が次々と生まれています。 WIT.では、そのカラー剤の中でテストを繰り返し、特に上質なカラー剤を選定してご用意しております。 また、WIT.の艶カラーでは下記の点も大切に施術しています。 1. 色落ちまで計算した配合レシピ  上質なカラー剤のポテンシャルを最大限まで生かせるように、独自のヘアカラー理論に基づき、お一人お一人の髪質に合わせた配合レシピで、カラーの施術をしております。  それより、カラー直後はもちろん、色落ちした際も雰囲気のあるヘアカラーを実現します。 2. 艶だけでなく透明感も与えるヘアカラー  艶のあるヘアカラーと同時に、透明感を与えることも大切にしています。  透明感にも様々な演出方法があり、その方の髪質だけでなく、肌の色や雰囲気と合わせて計算をしています。  また、ヘアスタイルと連動させながらヘアカラーを構築することで、トータルのバランスが良くなり、その方の持つ魅力をより引き上げるヘアカラーになります。 更にワンランク上の艶カラーを手に入れたい方は、ヘアカラーととても相性の良いトリートメントをすることで、驚くような艶を得ることもできます。   艶髪にされたい方や、透明感のあるヘアカラーに興味がある方は、是非一度ご相談下さい。 乾燥が気になるこの季節を、透明感と潤いのある艶カラーで、ヘアスタイルから今まで以上に楽しんでみてはいかがでしょうか? ...

ダークトーンでも透明感のある春のヘアカラー

2018年の春は冬に引き続き、ダークトーンのヘアカラーがトレンドです。 例年は春が近づくに連れて、明るいカラーをご希望される方が多いですが、今年はアッシュ系の落ち着いた色に人気があります。 ただ、一般的にアッシュ系のヘアカラーは、ダークトーンになる程くすみやすく、透明感を出す事が難しくなります。 WIT.では独自の配合によって、「アッシュ系のダークトーンの色」と「高い透明感」の両立を実現しています。 また、オーガニック成分の豊富なカラー剤を厳選して使用していますので、肌や髪のダメージが気になる方にも大変お勧めです。 暗めの髪色にすると、顔の色やお洋服との明度差が大きくなるので、視覚効果で肌が白く綺麗に見えます。 髪色と合わせて、全体が透き通った印象になるので、春の季節にはピッタリなヘアカラーです。 ご興味をお持ちいただけたら、是非ご相談ください。 春の訪れがもっと楽しくなるはずです。 ...