fbpx
About WIT.

東京都目黒区青葉台1-15-8 青葉台エスカリエB1F

03-6874-1995

Jump to contact page

Follow Us
WIT.

Color

上質な艶と透明感のあるヘアカラーを実現する方法

艶のある髪の毛は、ヘアスタイルの魅力を何倍にも演出してくれます。 トリートメントなどのヘアケアも大切ですが、ヘアカラーで髪の毛に艶を与えることが出来ます。 そこで今回は、ヘアスタイルの魅力をより引き立てる艶カラーについてご紹介致します。 艶カラーと一般的なヘアカラーの違いを簡単にお伝えすると、配合されている色素によって分かれます。 艶髪とは光の反射によって得られるので、髪の毛に与える色素が重要になります。 近年、様々なメカニズムで髪の毛への負担を減らしながらも、艶感を演出する色素を多く含んだカラー剤が次々と生まれています。 WIT.では、そのカラー剤の中でテストを繰り返し、特に上質なカラー剤を選定してご用意しております。 また、WIT.の艶カラーでは下記の点も大切に施術しています。 1. 色落ちまで計算した配合レシピ  上質なカラー剤のポテンシャルを最大限まで生かせるように、独自のヘアカラー理論に基づき、お一人お一人の髪質に合わせた配合レシピで、カラーの施術をしております。  それより、カラー直後はもちろん、色落ちした際も雰囲気のあるヘアカラーを実現します。 2. 艶だけでなく透明感も与えるヘアカラー  艶のあるヘアカラーと同時に、透明感を与えることも大切にしています。  透明感にも様々な演出方法があり、その方の髪質だけでなく、肌の色や雰囲気と合わせて計算をしています。  また、ヘアスタイルと連動させながらヘアカラーを構築することで、トータルのバランスが良くなり、その方の持つ魅力をより引き上げるヘアカラーになります。 更にワンランク上の艶カラーを手に入れたい方は、ヘアカラーととても相性の良いトリートメントをすることで、驚くような艶を得ることもできます。   艶髪にされたい方や、透明感のあるヘアカラーに興味がある方は、是非一度ご相談下さい。 乾燥が気になるこの季節を、透明感と潤いのある艶カラーで、ヘアスタイルから今まで以上に楽しんでみてはいかがでしょうか? ...

暗めでも透明感が実現できるヘアカラー ダークベージュ

「暗めのヘアカラーでも透明感を出したい」 お勤め先や学校の関係で、ヘアカラーカラーの楽しめる幅が狭くなってしまう方もいらっしゃると思います。 そのような方にも、ヘアカラーを楽しんでもらいたいという想いから、暗めと透明感の両方を同時に実現できるようになりました。 そこで今回は、暗めの髪でもしっかりと透明感が出るナチュラルなダークベージュについてご紹介致します。 カラー剤の進歩と、新たなカラー剤に合わた技術の向上により、近年飛躍的にヘアカラーの幅が広がっています。 その代表的な一つが暗めでも透明感を実現するヘアカラーです。 このヘアカラーの主なポイントは下記の点です。 1. 色味が鮮やかに入る  カラー剤が明るくなると、配合されている色素は薄くなっていきます。  反対に暗めのトーンのカラー剤には色素が多く含んでいるため、色鮮やかな色味が実現できます。 2. 色持ちが良くなる  1.でも説明致しましたが、暗めのヘアカラーは色素を多く含んでいるため、退色がしづらく、長い期間楽しんでいただけます。  また、退色中の色の変化も楽しんでもらえるように、髪質に合わせた配合の構成を考えてヘアカラーすることで、一度で色々な髪の表情を楽しんでもらえることも魅力です。 3. ナチュラルな透明感  ベージュの色味をベースにすることが、透明感と暗めを両立する肝となります。  様々な色味と相性が良く、髪の毛の核として繋がるブラウンの色素も持ち合わせているので、幅広い髪質に適応する事ができます。 写真の場合はグレーの色味を足して、冬らしく淡い色味を演出致しました。 また、暗髪と黒髪は全く異なります。 黒髪は赤系の色素が集まって暗くみえるのに対して、暗髪はブラウンやベージュの色素が多く、黒髪にはない透明感が演出できます。 その為、自然な明るさが出て、印象が柔らかくなります。 様々な理由からヘアカラーを諦めてた方は、一度ナチュラルなダークベージュに挑戦してみてはいかがでしょう? 少しの変化が、大きな違いを生み、新たな気分で過ごせるようなヘアカラーを提案致します。 ...

2019年秋のヘアカラーは、暖色系のブラウンベージュがおすすめ

2019年秋のヘアカラーは、暖色系のブラウンベージュがおすすめ

今年の秋は例年以上に暖色系のヘアカラーに人気があります。 夏から徐々にオーダーが増えていて、秋に向けて更に人気が高まっています。 暖色系の中でも下記の3点の理由から、特におすすめしたいのが「ブラウンベージュ」です。 1. 秋服や秋メイクとの相性が良い  秋から冬に掛けて、ブラウン系の柔らかい色味のファッションやメイクが増えてきます。  その為、同系色のヘアカラーにすると、統一感が高まり、洗練された雰囲気へと導いてくれます。 2. 髪が綺麗に見える  髪の毛の艶は、光の反射と水分保持量が大きく関係しています。  深みが出るブラウン系のヘアカラーにすると、光を綺麗に反射するので髪に艶感が出ます。  更にヘアトリートメントやホームケアにも力を入れる事で、より艶感のある綺麗に髪になります。 3. 日本人の髪質に馴染みやすく、色持ちが良い  欧米人に比べて、髪の毛に茶色の色素を多く含む日本人は、ブラウン系のヘアカラーとの相性が抜群です。  本来持っている色素と近いヘアカラーにする事で、髪の毛への定着率が高まり、色持ちが良くなります。 夏から秋へと変わるのはあっという間。 季節に合わせた服装やメイクなど様々な準備は大変ですが、それもまた季節を楽しむ1要素だと思います。 そこで、ヘアカラーから秋仕様にするのはいかがでしょうか? ヘアカラーが決まっていると、ファッションやメイクなどのイメージがしやすく、統一感が出てこなれた雰囲気を演出できます。 秋に合わせた印象に変えたい方や、暖色系のヘアカラーをご検討されている方は、是非一度ご相談ください。 短い秋を充分に楽しんでいただけるように、ヘアカラーを通してお手伝い致します。...

ブリーチをしないで、赤みの無い透明感のある髪色を実現するアディクシーカラー

ブリーチをしないで、赤みの無い透明感のある髪色を実現するアディクシーカラー

「地毛のようにナチュラルで、透明感のある洗練された髪色になりたい」 多くの方が望まれた事があると思います。 WIT.では、実現する事が難しいとされている、そのようなヘアカラーを得意としています。 そこで今回は、外国人の地毛のような透明感の高いナチュラルなヘアカラーについてご紹介致します。 多くのご要望がありながらも、以前は実現が難しかったこのようなヘアカラーを施術出来るようになったのは、下記の2点による変化が大きいです。 1.カラー剤の進化   日々進化する美容製品の中でも、カラー剤は著しく進歩しています。   今までは、ブリーチをせずに、透明度の高いヘアカラーにしようとすると、日本人特有の赤みが残ってしまうか、くすんでしまうなどの問題が発生しやすい現状がありました。   しかし、近年発売した「ミルボン社のアディクシーカラー」は独自の配合により、そのような問題を解決し、ブリーチなしでも赤みをしっかり打ち消し、高い透明感を実現する事が可能になりました。 2.技術力の進歩   カラー剤の進化に合わせるように、カラー塗布の技術も日々進歩しています。   メーカーによってカラー剤の特徴は各々異なりますが、WIT.では、研究・試作を繰り返し、それぞれのカラー剤に最適な塗布方法と放置時間のメソッドを確立致しました。   それにより、以前よりも細やかな部分までニュアンスを表現することが出来ます。   また、様々な髪質とご要望にお応えする為に幅広くカラー剤を揃えています。   お一人お一人に合わせたカラー剤と塗布方法を選定して、ご要望のヘアカラーにするだけでなく、美しさや透明感も同時に実現しています。 また、クオリティの高いヘアカラーを実現・継続する為には、積み重ねもとても重要になります。 ここで言う積み重ねとは、髪質に合ったヘアカラーとヘアケアを続ける事です。 髪質に合ったカラー剤を継続して使用する事で、髪内部に色素が定着するので、色味が綺麗に出やすくなり、退色しづらくなります。 またヘアケアによって、髪の状態が良くなると、表現出来る幅が広がります。 その為ヘアカラーをされる方には、その時の仕上がりだけで無く、中長期的なプランも含めたご提案をさせていただいております。 ヘアカラーにこだわりがある方や、なかなかご希望のヘアカラーが再現出来ないとお困りの方は、是非一度ご相談下さい。 思わず何度も鏡を見てしまうような、クオリティの高いヘアカラーを実現致します。...

髪に驚くほどの効果を与えるオラプレックストリートメントを使ったヘアカラー

ヘアカラーをする際、理想の髪色と発色を実現するために、なにが重要だと思いますか? もちろん施術の技術は大切ですが、実は髪の毛のダメージやコンディションによっても大きく左右されます。 日常では、様々な場面で髪に負担を与える機会が多く存在します。  ・ドライヤーやアイロンによる熱のダメージ  ・ブラッシングや寝返りの際に生じる摩擦などの物理的なダメージ  ・カラーやパーマによるケミカルなダメージ これらが原因で髪の毛のコンディションが整わず、せっかくのヘアカラーが綺麗に見えない場合があります。 そこで、WIT.では、髪を補修しながらカラーを施すことができるオラプレックスカラーを推奨しています。 オラプレックストリートメントは、アメリカで科学者が主導となって開発した新世代のヘアトリートメントです。 従来のトリートメントが髪の毛の外部に向けて補修するのに対して、オラプレックストリートメントは髪の毛の内部に直接栄養を与えます。 そこで、ヘアカラーにオラプレックストリートメントを配合して施術をおこなうことで、色味を入れながらも同時に内部を補修する事が出来ます。 これによってムラの無い綺麗な発色を実現し、柔らかい手触りとツヤ、透明度の高いヘアカラーを得る事が出来ます。 もう一つの特徴として、従来のヘアトリートメントと併用できる点も魅力です。 どちらも異なる方法でアプローチをして髪の毛の補修を行うので、両方行うことで更に高い効果を得られます。 その為、お時間がある方には、2つ合わせて行う事がオススメです。 希望の髪色やツヤが実現出来ないとお悩みの方や、今よりも高いクオリティのヘアカラーをお求めの方は是非一度お任せ下さい。 WIT.の持つ高い技術と、オラプレックスを用いたヘアカラーで、今まで得られなかった髪色やツヤ、透明感のある最高の成果を体感していただけます。...

透明感の高いモノトーンアッシュを用いたこの夏おすすめのヘアカラー

今年の夏は、透明感が高く自然な雰囲気のヘアカラーがトレンドです。 その中でも、日本人特有の赤味を打ち消し柔らかな印象になる、モノトーンアッシュの色味が特に人気があります。 一般的に、アッシュやモノトーンのヘアカラーは、色素の濃い色に対してくすんでしまう傾向があり、透明感を保つ事が難しくなります。 WIT.では、独自の特殊な配合によって濃度の高い髪色と透明感の両立を実現しています。 使用するカラー剤にもこだわりがあり、色持ちが良く、髪や頭皮に優しい成分の物を選んで使用しています。 また、明度の高いヘアカラーにする上で重要となるのが、肌との相性です。 お一人お一人の髪質や雰囲気に合わせて、細部まで計算をした配合により、その方にとって最適な色味が実現しています。 夏に向けて新たなヘアーにされたい方や、気分を変えたい方、ご興味をお持ちいただけた方はぜひ一度ご相談下さい。 ご旅行や花火大会など、この夏お出かけする事が楽しみになるヘアカラーをご提案いたします。...

夏に向けてナチュラルなグラデーションで楽しむバイヤージュカラー

ヘアカラーで変化をつけて、夏に向けたスタイルチェンジを楽しまれる方が増えています。 ただ、お勤め先や学校の関係で、カラーを楽しめる幅が狭くなってしまう方もいらっしゃいます。 そのような方でも、カラーをより楽しむことの出来るバイヤージュカラーという技法があります。 ナチュラルに品を保ちながらも立体感を演出する、おすすめの夏ヘアをご紹介します。 バイヤージュカラーとは、2種類の明度のカラー剤を用いて、根元から毛先にかけてランダムなグラデーションカラーを施し、あえて暗い部分と明るい部分を作る技法です。 通常のカラー技法より、明暗差の影響から立体感を演出できます。 また暗い部分を残す事で肌との調和が取れるので、より自然な動きを印象づけることができます。 近年、海外のトップモデルやセレブも採用しており、ミランダ・カーや女優のミラ・ストーンもこの技法で染めています。 一般にバイヤージュカラーというと、ブリーチを用いるイメージがありますが、必ずしも明るいカラーにブリーチを使用する必要はありません。 なぜなら、そこまで明るい色を用いずとも、充分な明暗差を演出することが可能だからです。 その為には綿密に計算してカラーを作る必要がありますが、カウンセリングを通してお一人お一人に合わせた施術をさせて頂きます。 普通のヘアカラーに飽きた方や、イメージチェンジをされたい方には最適なヘアカラーです。 WIT.では、細部まで妥協をせず、丁寧に継続して積み重ねる事を大切にしています。 特にヘアカラーでは、以前の施術が今後に影響しますので、蓄積が重要です。 そういったことを踏まえて、お客様と向き合うことで質の高いヘアスタイルを実現しています。 夏に向けて新たなヘアーにされたい方や、ご興味をお持ちいただけた方はぜひ一度ご相談下さい。 ご旅行やお祭りなど、この夏お出かけする事が楽しみになるヘアーを提案いたします。...

明るい髪色でも毛先に艶とまとまりが出るヘアカラー

先日掲載させて頂いた「ダークトーンでも透明感のある春のヘアカラー」は多くの方にご覧頂き大変好評でした。ありがとうございます。 ダークトーンも引き続き人気ですが、暖かい気候に合わせて、明るいトーンのヘアカラーをご希望の方も多くなってきています。 そこで今回は、オラプレックストリートメントを用いた、ハイトーンのヘアカラーの施術についてご紹介させていただきます。 一般的に明るいヘアカラーを選ぶと、髪に負担が掛かり艶やまとまりを保つ事が難しくなります。 そこでWIT.では、ハイトーンのヘアカラーをご希望の方にはオラプレックスを合わせて使用する事をオススメしております。 既にご存知の方もいらしゃると思いますが、オラプレックスは海外で高い人気があるヘアトリートメントです。 WIT.では以前から注目しており、今年の日本での発売に合わせていち早く導入しました。 ヘアカラーとオラプレックスの相性は非常に良く、以下のような効果を感じていただけます。 1.毛先まで艶がでる   ヘアカラーの際、キューティクルのダメージを抑えながら施術をすることができます。   それにより、乾かしただけでも、毛先まで艶のある美しい髪を実感できます。 2.髪の収まりが良くなる   髪の細胞が分子レベルで修復されるので、水分保持力が高くなり、まとまりが良くなります。   乾燥が気になる方にもおすすめです。 3.健康的な髪になる   毛髪強度を高めて、ダメージに対して強くなります。   髪のしなやかさと柔軟性を実感できます。 従来のハイトーンカラーでは得られない新しい感触に、感動と驚きを感じて頂けると思います。 もちろんダークトーンのヘアカラーとも相性抜群です。 ダメージをできるだけ抑えてカラーをされたい方、健康的で綺麗な髪を手に入れたい方は是非お試しください。 今まで得られなかった、ツヤとまとまりを体感していただけます。...

ダークトーンでも透明感のある春のヘアカラー

2018年の春は冬に引き続き、ダークトーンのヘアカラーがトレンドです。 例年は春が近づくに連れて、明るいカラーをご希望される方が多いですが、今年はアッシュ系の落ち着いた色に人気があります。 ただ、一般的にアッシュ系のヘアカラーは、ダークトーンになる程くすみやすく、透明感を出す事が難しくなります。 WIT.では独自の配合によって、「アッシュ系のダークトーンの色」と「高い透明感」の両立を実現しています。 また、オーガニック成分の豊富なカラー剤を厳選して使用していますので、肌や髪のダメージが気になる方にも大変お勧めです。 暗めの髪色にすると、顔の色やお洋服との明度差が大きくなるので、視覚効果で肌が白く綺麗に見えます。 髪色と合わせて、全体が透き通った印象になるので、春の季節にはピッタリなヘアカラーです。 ご興味をお持ちいただけたら、是非ご相談ください。 春の訪れがもっと楽しくなるはずです。 ...

まるで地毛のように自然で透明感のあるダークカラー

赤みが無く、暗いトーンの中にも透明感があるヘアカラーは、普遍的な魅力があります。 WIT.では選び抜いたカラー剤と施術方法により、まるで地毛のように自然でありながら、見る人を惹き付けるようなカラーを実現しています。 アッシュ、グレー、ナチュラルの色味のカラー剤を、お一人お一人の髪質や色に合わせて調合することで、光に当たった時の透け感を演出する事ができます。 それにより、ダークトーンの色でありながら柔らかく明るい印象になります。 また、カラーの色持ちを良くする為には定期的に継続して重ねていただく事が大切です。 髪の内部にアッシュやグレーの色素が定着して、持続性が良くなります。 ハイライトカラーとの相性も良いので、よりニュアンスを出したい方や、明るい印象にしたい方には組み合わせるのもおススメです。 気になる方はぜひ一度お任せ下さい。...

WordPress › エラー

サイトに技術的な問題が発生しています。