fbpx
About WIT.

東京都目黒区青葉台1-15-8 青葉台エスカリエB1F

03-6874-1995

Jump to contact page

Follow Us
WIT.

Blog

  • All
  • Arrange
  • Color
  • Cut
  • Information
  • Interior
  • Perm
  • Product
  • Spa
  • Styling
  • Treatment
  • Uncategorized
品のあるナチュラルな立体感を与える、WIT.のハイライトカラー

品のあるナチュラルな立体感を与える、WIT.のハイライトカラー

暖かくなるとオーダーが増えるのが、ハイライトカラーです。 ハイライトとは、ベースより明るい色の束をいくつも入れることによって動きや立体感を与えるものです。 WIT.のハイライトカラーのこだわりは、糸のように細い束を沢山入れることです。 メッシュと呼ばれていたものより、遥かに細く、その分多く入れることによって、ナチュラルで品のある立体感を生み出せます。 細く沢山入れるので、手間や時間は掛かってしまいますが、この一手間二手間で仕上がりに大きな差が出ます...

WIT.プライベートルームの建築デザインと込めた想い。

ニューヨーク州のブルックリン、ウィリアムズバーグにあるWythe Hotel をご存知でしょうか? 1901年ドイツからの移民者が木樽を製造するために建てた工場を再利用し、2012年に開業した、かつての工場自体の名残りを残すデザイナーズホテルです。 天井板には工場時代の床板を、壁の煉瓦はその当時のまま、家具の多くは樽作りの工程で使われなかった木で作られた物を利用しています。 古き良き物を、大切に、少しのアイデアとユーモアを加えて使いやすく、長く使っていこうと言う考え方と格好良さに感銘を受けました。 WIT. のプライベートルームは、そんなWythe Hotelの建築デザインをイメージソースに作らせて頂きました。 小さなお子様をお連れのお客様、スパのメニューでよりリラックスされたいお客様、周りの目が気になるお客様、時間が長くかかるメニューのお客様が少しでもストレスを感じないように、不安なくWIT. に来て頂けるようにという想いを込めてデザインしました...

2020年3月15日より入社しました春岡桐人です。

2020年3月15日より入社しました春岡桐人です。

初めまして。 この度 WIT. に入社致しました、 春岡桐人と申します。 ブログ初投稿ですので、簡単に自己紹介や経歴などを書かせていただこうと思います。 出身は福井で、小学1年から高校3年までの約12年間サッカーをしていました。 サッカーの話はここでは書ききれないので、是非、お店にご来店いただいた際は、沢山お話をしましょう...

お客様、関係者の皆様へ

平素よりWIT.をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 お客様にご安心してWIT.にご来店いただく為、新型コロナウィルスの当社対策として下記に取り組んでおります。 ・ご来店時の手指衛生のお願い ・店内設備の定期的な除菌 ・換気や清掃によるサロン内衛生環境の強化 ・スタッフの手指消毒の徹底 ・スタッフのマスク着用での施術 引き続き今後も行政機関の情報と指導に基づき、速やかな対処を検討して参ります。 お越しいただく全ての方に、快適なお時間を過ごしいただくために、ご理解ご協力の程お願い申し上げます。 スタッフ一同、皆さまのご来店を心よりお待ちしております...

つらい花粉症、特別な対策としてヘッドスパという選択

つらい花粉症、特別な対策としてヘッドスパという選択

2月も半ばから花粉が飛び始め、お辛い方もいらっしゃるでしょう。 今年は例年より花粉量が少ないとは言いますが、ここ数年の著しい花粉量増加で花粉症になった方もいらっしゃると思います。 症状を抑える為には第一に予防が肝心です。 しかし、近頃問題視されている新型コロナウイルスの影響でマスクが不足している方も多いと思われます。 外に出る以上、花粉を完全に防ぐことはかなり難しいです...

男の子キッズカットを髪質を活かして上手く作る方法

WIT.では、嬉しい事にご両親と合わせて、多くのお子様のキッズカットも任せていただいております。 今回はその中でも、オーダーの多い男の子のキッズカットについてご紹介させていただきます。 子供時代の髪質は特別で、生まれてから10歳までの間に大きく変わり、その時々で髪の毛のクセや動き方が変化します。 外国人のようなクセ毛の時期もあれば、直毛の時期があったりと、色々なヘアスタイルを楽しめる時期とも言えます。 その為、特別な時期の髪質を活かして、一人お一人に合わせたオリジナリティのあるキッズカットにする事を大切にしております...

暗めのヘアカラーでもしっかりと透明感のあるダークグレージュ

暗めのヘアカラーでは、一般的に透明感を出す事が難しいとされていますが、WIT.ではそのどちらも叶える事が出来ます。 季節に合わせたカラーチェンジで、気分や雰囲気に変化をつけたいが、暗めのヘアカラーも気になるという方は是非ご参考にして下さい。 暗めのヘアカラーにすると透明感を出す事が難しいとされているのは、カラー剤の明るさを下げる事で、配合されている茶色の色素が多くなり、髪の毛から透け感が失われるからです。 その為、様々な改良を加えたカラー剤が続々と発売され、WIT.では試験を繰り返し、最適だと考える組み合わせを見つけて、オリジナルレシピを確立致しました。 そこで今回は、暗めのヘアカラーでもしっかりと透明感があるダーググレージュについてご紹介致します...

柔らかいニュアンスのパーマを加えてボブヘアを更に楽しむ方法

「ボブヘアは気に入っているけど、雰囲気に少し変化を付けたい」 そのようなお悩みの際は、ボブヘアにパーマを加える事で更に楽しむ事が出来ます。 パーマには、強めにカールを出すものから緩めのパーマヘアなど様々な方法がありますが、今回は春に向けて柔らかいニュアンスのパーマを加えたボブヘアについてご紹介致します。 今回のパーマヘアにする上で、ポイントとなるのは下記の2点です。 1. 根元からカールを加えて、くせ毛のような質感を与える  カールを出し始める位置によって色々な表情を髪にもたらしますが、今回ご紹介するパーマヘアでは、根元から掛ける事をおススメします。  根元から掛ける事で、ヘアスタイルの骨格にメリハリを加える事が出来き、頭が小さく見えます...

トリートメントだけではない、正しいシャンプーの仕方で乾燥対策

トリートメントだけではない、正しいシャンプーの仕方で乾燥対策

寒さや乾燥が厳しいこの時期、髪のパサつきに悩まれている方が多いのではないでしょうか。 空気中の湿度が低く乾燥しているから仕方ないと思われがちですが、実は他に原因があるかもしれません。 その原因と言えるのが、シャンプーの頻度です。 皆様は1週間に何回シャンプーをされるでしょうか。 大半の方が7回、毎日だと応えられると思います...

クールさと可愛いらしさを兼ね備えるマッシュウルフ

クールさと可愛いらしさを兼ね備えるマッシュウルフ

「クールさも欲しいけど、可愛らしさも残したい。」 そんな想いに応えることが出来るヘアスタイルが、マッシュウルフです。 そこで今回は、クールさと可愛いらしさを兼ね備えたマッシュウルフについてご紹介をさせていただきます。 マッシュウルフとは、ウルフベースで演出されるシャープさと、マッシュベースで得られる丸みを組み合わせたヘアスタイルです。 毛先の動かし方や、顔周りのフォルムで印象が大きく異なるので、自然と馴染むマッシュウルフにする為には、下記のポイントが重要になります...