About WIT.

東京都目黒区青葉台1-15-8 青葉台エスカリエB1F

03-6874-1995

Jump to contact page

Follow Us
WIT.

夏ヘア Tag

洗練された雰囲気になる夏の大人ナチュラルショートボブ

この夏、感度の高い方々がこぞってオーダーされている「ショートヘア」。 今年のトレンドという事もあり、これから本格的になる夏に向けてばっさりカットされる方が増えています。 一般的にショートヘアというと、ボーイッシュなイメージをお持ちの方も多いと思いますが、カットの仕方によっては、女性らしさをより引き立てるショートヘアもあります。 そこで今回は、洗練された雰囲気を持たせながら、ナチュラルな女性の魅力を引き出したショートボブについてご紹介させていただきます。 今回のショートヘアにする上で、とても重要なポイントが2つあります。 「襟足の切り方」と「頭頂部に丸みを残す」ことです。 1.襟足の切り方   襟足の生え方の癖と頭の形、首の丸みをそれぞれ計算した上で、襟足が首に自然に馴染むようにカット致します。   それにより、サイドの髪の毛を耳に掛けた際に、首筋と顎のラインがキレイに見えるので、横顔を凛とした印象へと導きます。 2.頭頂部に丸みを残す   頭頂部に、自然な丸みが残るようにカットすることで、女性らしい柔らかい雰囲気を感じさせるヘアーになります。   また、襟足部分とのメリハリにより、頭全体のバランスが良く見えるので小顔効果もあります。 上記の2つのポイントを踏まえてカットすることで、ナチュラルな女性らしさを引き立てるショートヘアを実現することができます。 このようなショートボブはセットの際の再現性が高く、スタイリングも簡単なので、朝忙しい方にも大変オススメです。 また、カジュアルでもモードでも、どのような服装とも相性が良いのも特徴です。 今年の夏は、思い切って女性らしい洗練された雰囲気のショートボブに挑戦してみませんか? ご興味をお持ちいただけた方は、ぜひ一度ご相談ください。 毎朝のスタイリングが楽しくなる、ショートヘアをご提案致します。...

夏に向けてナチュラルなグラデーションで楽しむバイヤージュカラー

ヘアカラーで変化をつけて、夏に向けたスタイルチェンジを楽しまれる方が増えています。 ただ、お勤め先や学校の関係で、カラーを楽しめる幅が狭くなってしまう方もいらっしゃいます。 そのような方でも、カラーをより楽しむことの出来るバイヤージュカラーという技法があります。 ナチュラルに品を保ちながらも立体感を演出する、おすすめの夏ヘアをご紹介します。 バイヤージュカラーとは、2種類の明度のカラー剤を用いて、根元から毛先にかけてランダムなグラデーションカラーを施し、あえて暗い部分と明るい部分を作る技法です。 通常のカラー技法より、明暗差の影響から立体感を演出できます。 また暗い部分を残す事で肌との調和が取れるので、より自然な動きを印象づけることができます。 近年、海外のトップモデルやセレブも採用しており、ミランダ・カーや女優のミラ・ストーンもこの技法で染めています。 一般にバイヤージュカラーというと、ブリーチを用いるイメージがありますが、必ずしも明るいカラーにブリーチを使用する必要はありません。 なぜなら、そこまで明るい色を用いずとも、充分な明暗差を演出することが可能だからです。 その為には綿密に計算してカラーを作る必要がありますが、カウンセリングを通してお一人お一人に合わせた施術をさせて頂きます。 普通のヘアカラーに飽きた方や、イメージチェンジをされたい方には最適なヘアカラーです。 WIT.では、細部まで妥協をせず、丁寧に継続して積み重ねる事を大切にしています。 特にヘアカラーでは、以前の施術が今後に影響しますので、蓄積が重要です。 そういったことを踏まえて、お客様と向き合うことで質の高いヘアスタイルを実現しています。 夏に向けて新たなヘアーにされたい方や、ご興味をお持ちいただけた方はぜひ一度ご相談下さい。 ご旅行やお祭りなど、この夏お出かけする事が楽しみになるヘアーを提案いたします。...

ナチュラルかつ洗練されたサマーメンズフェードカット

ナチュラルでベーシックなヘアスタイルほど、細部までのこだわりと繊細なバランス感覚が必要とされます。 特にメンズのショートヘアは、少しの違いで大きく印象が変わるので、より丁寧な仕事が求められます。 WIT.では、そのような部分と向き合い、細部まで妥協しない仕事を徹底しています。 今回はただのシンプルなメンズヘアとは一線を画す、普遍的でありながら洗練された雰囲気も合わせ持つショートスタイルについてご紹介させていただきます。 今回お勧めしたいヘアスタイルは、サイドとバックをフェードカットという技法で刈り上げます。 このカット技法は、数年前からアメリカやヨーロッパのバーバーショップを中心に人気が出始めた、ベリーショートの刈り上げです。 通常の刈り上げでは、3mm〜15mmの長さでカットをします。 対して、フェードカットは、3mm以下の長さから頭の形に合わせて、グラデーションになるように、徐々に長くしていく切り方を指します。 それにより、お持ちの骨格に合わせて自在にシルエットを形成できるので、どこから見ても頭の形が綺麗に見えます。 グレイテスト・ショーマンでの好演が話題のザック・エフロンも、フェードカットで刈り上げたヘアスタイルです。 また、今回のショートスタイルには、フェードカット以外にも抑えるべきポイントが2つあります。 1.刈り上げとトップの繋ぎ方   頭頂部と刈り上げ部分とを繋ぐ部分をなじませ過ぎてしまうと、全体的に軽い印象に見えてしまいます。   あえて少しカットラインが残るようにする事で、ヘアスタイルに程よい重さが出て、知的な印象を演出できます。 2.動かし過ぎないトップの立体感   その方が持つ雰囲気に合わせた立体感が出るように、全体のバランスを見ながら毛先が動くようにカットします。   その事によって、品を残したままメリハリのあるショートヘアを実現します。 上記のポイントを踏まえてカットする事で、ナチュラルな雰囲気の中に少しエッジを効かせたヘアスタイルへと導きます。 毎日のスタイリングが楽しくなり、お仕事やお出かけの意欲が高まるショートヘアを提案いたしますので、ご興味をお持ち頂けた方は、ぜひ一度お任せ下さい。 必ずあなたにとって最適なヘアーを実現致します。...