fbpx
About WIT.

東京都目黒区青葉台1-15-8 青葉台エスカリエB1F

03-6874-1995

Jump to contact page

Follow Us
WIT.

ロングヘアー Tag

在宅ワーク中も楽におしゃれに過ごせる、お団子アレンジのポイント

在宅ワーク中も楽におしゃれに過ごせる、お団子アレンジのポイント

外出を控える生活が1ヶ月以上も続き、なかなか美容室に行けない方も多いと思われます。 髪が伸びたり増えたりで扱いにくくなり、ストレスを抱えている方もいらっしゃるでしょう。 今回は、楽さとおしゃれさを兼ね備える、お団子アレンジの作り方とポイントをご紹介します。 1.髪をゴムで結ぶ 一度髪を結びきります。 結んだら、ゴムを押さえながら少しずつ髪を引き出します。 引き出す束は細い方がよりナチュラルに仕上がります。 2.毛束をねじって、結んだゴムに巻きつける 髪が長く量も多い方は三つ編みにして巻きつけると、より楽に扱うことができます。 巻きつけたら、ゴムで結んだ中心に向かってピンを刺します。 ピンだと安定しないという方は、ゴムで留めるのをお勧めします。 飾りのついたゴムを使用したり、スカーフを巻きつけるとより華やかになります。 3.お団子をほぐす ピン又はゴムで留めたお団子を片手で固定しつつ、少しずつ毛束を引き出しほぐします。 崩れたりほどける可能性もあるので、しっかりお団子を固定することがポイントです。 ほぐしすぎて逆にだらしなく見えてしまわないよう、耳が全て隠れないようにしましょう。 お団子アレンジは作る位置によって雰囲気がガラッと変わります。 高めの位置だと、若々しく可愛いイメージに。 低めの位置だと、大人っぽく落ち着いたイメージなります。 ご友人とのオンライン飲み会などでは高めの位置で、オンラインミーティングなどお仕事の場では低めの位置にするなど、高さを変えて楽しむことができます。 写真のスタイルは高めのお団子です。 顎から耳の上を結ぶ延長線上の位置をゴールデンポイントといいます。 ゴールデンポイントで結ぶと頭の形が綺麗に見えます。 寝癖を直す必要もなく、髪が長くても多くてもすっきりとまとめることができるので、在宅ワークも捗ります。 首元も涼しくなり、これから暑い時期にとてもお勧めです。 一つ覚えておけば、使える機会の多いアレンジですので、ポイントを意識して一度試してみてはいかがでしょうか。 ...

綺麗でツヤを保つロングヘアーのお手入れとスタイリング方法

綺麗でツヤを保つロングヘアーのお手入れとスタイリング方法

ツヤのあるロングヘアーは誰もが憧れる、永遠に廃れないヘアスタイルの一つです。 ただ、ツヤのある良い状態のロングヘアーを保つのは、一見難しいように思われます。 しかし、ポイントを押さえれば、ご自宅でも簡単に再現が出来るヘアスタイルなのです。 そこで今回は、ツヤを保った綺麗なロングヘアーを実現する、お手入れとスタイリング方法についてご紹介させていただきます。 大切なポイントは、ヘアオイルとシャンプー頻度の2つです。 1.ヘアオイル   ツヤを演出する上で中心的な役割を担うのはヘアオイルです。   髪は毛先にいくほど水分保湿量が少なくなり、毛先から乾燥やパサつきが始まります。   その為、髪に潤いを与えるヘアオイルの使用は必須となります。   現在市場には数多くのヘアオイルがありますが、ロングヘアーでツヤを演出したい場合におすすめしたいのが、   「ユイルレオノールグレユ」(参照: 保護と補修をしながら最高の質感を与えるヘアオイル ユイルレオノールグレユ)   「オーセンティックオイル」(参照: ダヴィネス オーセンティックオイル)   の2つです。   この2つのオイルは、特に乾いた髪に使用する事で高い効果を発揮します。   最後の仕上げに、適量を手のひら全体に広げ毛先から手ぐしのように全体に馴染ませる方法が最適です。    2.シャンプー頻度   ほとんどの方は毎日シャンプーされると思われますが、ロングヘアーの場合それはあまり望ましくありません。   実質、汚れや匂いの80%前後はお湯でしっかりと流せば取れます。   その為、毎日シャンプーをする事で必要以上に洗浄してしまい、必要な油分まで失ってしまう恐れがあります。   理想的なペースとしては、その人によって皮脂の分泌量が異なるので一概には言えませんが、2〜3日に一回が理想です。   それにより、乾燥やパサつきを抑えた髪へと導きます。 これらを継続して実践していただけると、驚くような艶とまとまりが得られます。 綺麗でツヤのあるロングヘアを手に入れたい方は、ぜひお試しください。 WIT.ではヘアスタイルのご提案はもちろん、日々のお手入れやスタイリング方法も丁寧にご案内させていただきます。 ご自身のライフスタイルに合った日々の髪との付き合い方のご相談にも、ぜひお越しください。 ...