fbpx
About WIT.

東京都目黒区青葉台1-15-8 青葉台エスカリエB1F

03-6874-1995

Jump to contact page

Follow Us
WIT.

ダークカラー Tag

艶感と透明感を楽しめるヘアカラーの暗髪にする方法

2020年人気のヘアカラーの暗髪。 艶感と透明感を同時に叶えることの出来る暗髪について、今回ご紹介させていただきます。 まず、暗髪についてですが、黒髪よりも少し明るく、優しいニュアンスの出るヘアカラーを指します。 WIT.では、その中でもアッシュ系の暗髪を得意としています。 アッシュ系の暗髪には、以下のメリットがあります。 ・艶感が高い ・赤みを抑えられる ・服装を選ばない ・ヘアカラーの持ちが良い ・柔らかな質感になる 今回のヘアカラーでは、更にアッシュ味を多く配合し、透明感を強く演出しました。 その際に重要となるのが、下記の点です。 1. 明るめのカラーを混ぜる  色素が濃すぎると、透明感が薄れて重たい印象になります。  そこで、明るいトーンのヘアカラーを混ぜることで、透明感を出しつつ色素を濃く入れるので、赤味を抑えつつ、透明感と艶感も実現します。 2. 髪質に合ったアッシュ味の選定  髪質に合った色味を選ばないと、上手く暗髪を演出出来ません。   WIT.ではアッシュ系だけでも多く揃えているので、お一人お一人に合わせたオリジナルの色味を調合致します。  それにより、自然で洗練された雰囲気を実現します。 また、暗髪と相性の良いヘアプロダクトを使うと、更に艶感が増し魅力を引き上げてくれます。 会社の規定などでヘアカラーの楽しめる幅が決まっている方、明るめのヘアカラーから変化を求めている方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか? 自然な柔らかさと、高い艶感と透明感で、更にヘアスタイルを楽しめる暗髪を提案致します。 ...

暗めのヘアカラーでもしっかりと透明感のあるダークグレージュ

暗めのヘアカラーでは、一般的に透明感を出す事が難しいとされていますが、WIT.ではそのどちらも叶える事が出来ます。 季節に合わせたカラーチェンジで、気分や雰囲気に変化をつけたいが、暗めのヘアカラーも気になるという方は是非ご参考にして下さい。 暗めのヘアカラーにすると透明感を出す事が難しいとされているのは、カラー剤の明るさを下げる事で、配合されている茶色の色素が多くなり、髪の毛から透け感が失われるからです。 その為、様々な改良を加えたカラー剤が続々と発売され、WIT.では試験を繰り返し、最適だと考える組み合わせを見つけて、オリジナルレシピを確立致しました。 そこで今回は、暗めのヘアカラーでもしっかりと透明感があるダーググレージュについてご紹介致します。 今回のヘアカラーでポイントとなるのは、下記の点です。 1. ベースのヘアカラー剤にベージュを使用する  茶色の色素の中でも、薄い色素で柔らかい印象になるベージュをベースとして配合する事で、より透明感の増したヘアカラーとなります。  今回は、ベージュと相性抜群のグレーを加えて、スモーキーなニュアンスも演出しています。 2. ヘアカラーと相性のよいトリートメントを加えて、更に艶感を与える  暗めのカラーのメリットの一つである艶感をより引き出す為に、オラプレックストリートメントを加える事をお勧め致します。  それにより、カラー剤でのダメージ負担を減らしつつ、栄養素を髪に与えるので、驚くような艶を得られます。 上記の点を踏まえて、お一人お一人の髪質やライフスタイルに合わせたヘアカラーを、丁寧のカウンセリングで提案致します。 これから春に向けてカラーチェンジを検討されている方は、ダークグレージュにしてみてはいかがでしょうか? 春服やメイクと合わせるのが、楽しみになるヘアカラーを提案致します。...

暗めでも透明感が実現できるヘアカラー ダークベージュ

「暗めのヘアカラーでも透明感を出したい」 お勤め先や学校の関係で、ヘアカラーカラーの楽しめる幅が狭くなってしまう方もいらっしゃると思います。 そのような方にも、ヘアカラーを楽しんでもらいたいという想いから、暗めと透明感の両方を同時に実現できるようになりました。 そこで今回は、暗めの髪でもしっかりと透明感が出るナチュラルなダークベージュについてご紹介致します。 カラー剤の進歩と、新たなカラー剤に合わた技術の向上により、近年飛躍的にヘアカラーの幅が広がっています。 その代表的な一つが暗めでも透明感を実現するヘアカラーです。 このヘアカラーの主なポイントは下記の点です。 1. 色味が鮮やかに入る  カラー剤が明るくなると、配合されている色素は薄くなっていきます。  反対に暗めのトーンのカラー剤には色素が多く含んでいるため、色鮮やかな色味が実現できます。 2. 色持ちが良くなる  1.でも説明致しましたが、暗めのヘアカラーは色素を多く含んでいるため、退色がしづらく、長い期間楽しんでいただけます。  また、退色中の色の変化も楽しんでもらえるように、髪質に合わせた配合の構成を考えてヘアカラーすることで、一度で色々な髪の表情を楽しんでもらえることも魅力です。 3. ナチュラルな透明感  ベージュの色味をベースにすることが、透明感と暗めを両立する肝となります。  様々な色味と相性が良く、髪の毛の核として繋がるブラウンの色素も持ち合わせているので、幅広い髪質に適応する事ができます。 写真の場合はグレーの色味を足して、冬らしく淡い色味を演出致しました。 また、暗髪と黒髪は全く異なります。 黒髪は赤系の色素が集まって暗くみえるのに対して、暗髪はブラウンやベージュの色素が多く、黒髪にはない透明感が演出できます。 その為、自然な明るさが出て、印象が柔らかくなります。 様々な理由からヘアカラーを諦めてた方は、一度ナチュラルなダークベージュに挑戦してみてはいかがでしょう? 少しの変化が、大きな違いを生み、新たな気分で過ごせるようなヘアカラーを提案致します。 ...

透明感の高いモノトーンアッシュを用いたこの夏おすすめのヘアカラー

今年の夏は、透明感が高く自然な雰囲気のヘアカラーがトレンドです。 その中でも、日本人特有の赤味を打ち消し柔らかな印象になる、モノトーンアッシュの色味が特に人気があります。 一般的に、アッシュやモノトーンのヘアカラーは、色素の濃い色に対してくすんでしまう傾向があり、透明感を保つ事が難しくなります。 WIT.では、独自の特殊な配合によって濃度の高い髪色と透明感の両立を実現しています。 使用するカラー剤にもこだわりがあり、色持ちが良く、髪や頭皮に優しい成分の物を選んで使用しています。 また、明度の高いヘアカラーにする上で重要となるのが、肌との相性です。 お一人お一人の髪質や雰囲気に合わせて、細部まで計算をした配合により、その方にとって最適な色味が実現しています。 夏に向けて新たなヘアーにされたい方や、気分を変えたい方、ご興味をお持ちいただけた方はぜひ一度ご相談下さい。 ご旅行や花火大会など、この夏お出かけする事が楽しみになるヘアカラーをご提案いたします。...

ダークトーンでも透明感のある春のヘアカラー

2018年の春は冬に引き続き、ダークトーンのヘアカラーがトレンドです。 例年は春が近づくに連れて、明るいカラーをご希望される方が多いですが、今年はアッシュ系の落ち着いた色に人気があります。 ただ、一般的にアッシュ系のヘアカラーは、ダークトーンになる程くすみやすく、透明感を出す事が難しくなります。 WIT.では独自の配合によって、「アッシュ系のダークトーンの色」と「高い透明感」の両立を実現しています。 また、オーガニック成分の豊富なカラー剤を厳選して使用していますので、肌や髪のダメージが気になる方にも大変お勧めです。 暗めの髪色にすると、顔の色やお洋服との明度差が大きくなるので、視覚効果で肌が白く綺麗に見えます。 髪色と合わせて、全体が透き通った印象になるので、春の季節にはピッタリなヘアカラーです。 ご興味をお持ちいただけたら、是非ご相談ください。 春の訪れがもっと楽しくなるはずです。 ...

まるで地毛のように自然で透明感のあるダークカラー

赤みが無く、暗いトーンの中にも透明感があるヘアカラーは、普遍的な魅力があります。 WIT.では選び抜いたカラー剤と施術方法により、まるで地毛のように自然でありながら、見る人を惹き付けるようなカラーを実現しています。 アッシュ、グレー、ナチュラルの色味のカラー剤を、お一人お一人の髪質や色に合わせて調合することで、光に当たった時の透け感を演出する事ができます。 それにより、ダークトーンの色でありながら柔らかく明るい印象になります。 また、カラーの色持ちを良くする為には定期的に継続して重ねていただく事が大切です。 髪の内部にアッシュやグレーの色素が定着して、持続性が良くなります。 ハイライトカラーとの相性も良いので、よりニュアンスを出したい方や、明るい印象にしたい方には組み合わせるのもおススメです。 気になる方はぜひ一度お任せ下さい。...