fbpx
About WIT.

東京都目黒区青葉台1-15-8 青葉台エスカリエB1F

03-6874-1995

Jump to contact page

Follow Us
WIT.

暗めでも透明感が実現できるヘアカラー ダークベージュ

暗めでも透明感が実現できるヘアカラー ダークベージュ

「暗めのヘアカラーでも透明感を出したい」
お勤め先や学校の関係で、ヘアカラーカラーの楽しめる幅が狭くなってしまう方もいらっしゃると思います。
そのような方にも、ヘアカラーを楽しんでもらいたいという想いから、暗めと透明感の両方を同時に実現できるようになりました。

そこで今回は、暗めの髪でもしっかりと透明感が出るナチュラルなダークベージュについてご紹介致します。

カラー剤の進歩と、新たなカラー剤に合わた技術の向上により、近年飛躍的にヘアカラーの幅が広がっています。
その代表的な一つが暗めでも透明感を実現するヘアカラーです。
このヘアカラーの主なポイントは下記の点です。

1. 色味が鮮やかに入る
 カラー剤が明るくなると、配合されている色素は薄くなっていきます。
 反対に暗めのトーンのカラー剤には色素が多く含んでいるため、色鮮やかな色味が実現できます。

2. 色持ちが良くなる
 1.でも説明致しましたが、暗めのヘアカラーは色素を多く含んでいるため、退色がしづらく、長い期間楽しんでいただけます。
 また、退色中の色の変化も楽しんでもらえるように、髪質に合わせた配合の構成を考えてヘアカラーすることで、一度で色々な髪の表情を楽しんでもらえることも魅力です。

3. ナチュラルな透明感
 ベージュの色味をベースにすることが、透明感と暗めを両立する肝となります。
 様々な色味と相性が良く、髪の毛の核として繋がるブラウンの色素も持ち合わせているので、幅広い髪質に適応する事ができます。
写真の場合はグレーの色味を足して、冬らしく淡い色味を演出致しました。

また、暗髪と黒髪は全く異なります。
黒髪は赤系の色素が集まって暗くみえるのに対して、暗髪はブラウンやベージュの色素が多く、黒髪にはない透明感が演出できます。
その為、自然な明るさが出て、印象が柔らかくなります。

様々な理由からヘアカラーを諦めてた方は、一度ナチュラルなダークベージュに挑戦してみてはいかがでしょう?
少しの変化が、大きな違いを生み、新たな気分で過ごせるようなヘアカラーを提案致します。