fbpx
About WIT.

東京都目黒区青葉台1-15-8 青葉台エスカリエB1F

03-6874-1995

Jump to contact page

Follow Us

ナチュラル Tag

絶妙なウェット感がありつつ、重すぎない独自の魅力のWax シャビィマット

中々気に入ったスタイリング剤に出会ってない方も多いのではないでしょうか? ・ウェット感が欲しい ・職場や学校に着いたら、質感がなくなってる ・出来るだけ、自然由来の成分を使っているものを使いたい ・香りが良いものを使いたい ・デザイン性の高い見たパッケージ 上記の要望を叶えるWaxがないか、お客様からよく相談を受けます。 僕自身も美容師でありながら同じ思いを感じ、数多くのWaxを使ってみましたが、中々気に入ったWaxに出会うことは多くありませんでした。 ただ、そんな悩みを解決するWaxに最近出会えました。 それが、OWAY infineラインのシャビィマットです。 先程書いた要望を全て満たし、なおかつブランドポリシーにも共感を感じました。 OWAYの製品の特徴を簡潔に伝えると、以下の点があげられます。 1. ナチュラル活性成分にこだわって、髪の良さを引き出す 高品質の植物性タンパク質をたっぷり含んでいるので、髪や肌の構造にアプローチし強化します 2. 過剰包装をしない 環境への影響を最小限に抑えるために、無駄を省き、ガラス瓶やアルミチューブなど持続可能で、製品の保護力にも優れた素材を出来るだけ使用している 3. 有害な可能性のある構成成分を使用しない 高純度な植物成分を使用し、化学合成成分を使わなくても、高いスタイリング性を実現 細かく説明するとまだまだありますが、特に共感を感じた特徴は上記になります。 このWAXに出会えて、自分のスタイリングはもちろん、お客様のスタイリングも更に楽しくなりました。 決して安くない価格ですが、自分が納得したものを使うと、日々の生活に楽しい瞬間が増えます。 気になる方は、ぜひWIT.で試してみてください。 WIT. 中目黒 director 飯島...

オラプレックスカラーでダメージレスなハイトーン

オラプレックスカラーでダメージレスなハイトーンに

暖かくなってくると、髪色を明るくしたいという方が多くなってきます。 継続して明るめのカラーを重ねれば、カラー剤でもある程度の明るさにすることはできます。 しかし、染められる色味の幅や透明感は、ハイライトやブリーチの方が格段に上です。 ただ、ブリーチには抵抗があるという方も多いのが実際のところ。 1番の要因としては、ダメージがあげられます。 ブリーチは髪の色素を脱色する力が強く、カラー剤よりかなり明るくできる分、受けるダメージも大きなものになります。 ハイトーンカラーで髪の毛を綺麗に保つ為にはOLAPLEXが必須です。 OLAPLEXとはアメリカの科学者が開発した新世代のヘアトリートメントです。 カラーやパーマの薬剤に混ぜることで、薬剤からのダメージを最小限に抑える処理剤として、ここ数年美容業界で飛躍的にヒットしました。 ".薬剤からのダメージを抑える"と聞くと、髪の外部を補修することをイメージしがちですが、OLAPLEXは髪外部だけでなく髪内部にも作用します。 髪内部に必要な栄養補給を行いハリとコシを与え、表面のキューティクルを整え艶とまとまりが出ます。 ダメージした毛というのは、髪内部の組織がスカスカになっている状態。 そのような髪にはカラーやパーマの薬剤も作用しにくく、染まりムラや色落ちなどの支障がでます。 OLAPLEXはそういった元のダメージを補修しながら薬剤の作用にも良い影響をもたらします。 薬剤のダメージを抑えることは勿論、ムラなく染まり、色持ちも良くなります。 勿論ハイトーンだけでなく、暗めのカラーにする際も効果的です。 ダメージを気にせず、今までより選択肢の広がったカラーリングを楽しんでみてはいかがでしょう。 上記写真のカラーは2ブリーチしたベースに、柔らかいベージュのカラーを重ねました。 ブリーチにも、カラー剤にもオラプレックスを使用しました。 ご自宅でもオラプレックスのプロダクトを使用してくださっているので、色落ちしても綺麗な状態を保てています。 サロンでの施術でダメージを抑えることも大事ですが、その後のホームケアでも仕上がりの持ちに差が出ます。 ホームケアも丁寧にお伝えしますのでご相談ください。 ...

襟足をスッキリさせた冬のメンズヘア

襟足をスッキリさせた冬のメンズヘア

本格的に気温が下がり始めいよいよ冬になったと感じるこの頃。 コロナウィルスの影響で、リモートワークになったり遠出を控えている方もいらっしゃると思いますが、近所のスーパーやコンビニ、日用品の買い出しなど、日々の生活で何かと外出する機会はあると思います。 寒さ対策として首元にマフラーやスカーフ、ネックウォーマーを付けるとどうしても気になるのが首元の髪の毛のもたつき。長時間マフラーを付けた後に寝癖のようなあとがついた経験はございませんか? 冬こそ首周りを綺麗にカットしてあげるのも、冬の寒さとスタイルよく付き合う一つの方法だと思います。(長さによって違う解決策もございますが…。) 「夏場にしていたような短い刈り上げでは寒すぎるし、微妙な長さで首回りがモタつくのは嫌だ」という方にWIT.がご提案させていただくヘアスタイルは、襟足を首に沿うようにカットし、トップと前髪に重みを残した綺麗なヘアスタイルです。 頭が横から綺麗に見えるシルエットで、前髪を長く伸ばされている方は耳掛けもできますし、前髪を作る場合は左右のどちらかに流してセットするとより印象もよくなり、ビジネスシーンにも取り入れやすいかと思います。 セットの仕方は、ワックスやジェル、グリースなどで固めるのではなく、オイルやクリームで保湿しながら艶を与えるようにしてしっとり仕上げると良いと思います。 今回はシャンプー後、髪が濡れている状態でdavines(ダヴィネス)のオーセンティックオイルをパール1粒大紙に馴染ませてから根本を中心に8割ほど乾かし(毛先がまだしっとり湿っている状態まで)、もう一度オーセンティックオイルを同じ量馴染ませた後、同じくdavinesのオーセンティクバターを指の先に乗る程度の量を全体に付けました。 davinesの製品はオーガニックでお肌に優しく、オイルは就寝前にも、バターはボディ・フェイスクリームとしてもご使用いただけますので、小さなお子様が髪の毛を触っても問題ございません。もちろん、マフラーやタートルネックのニットに付いても気になりません。 もし何か分からないことや疑問等があれば、ご来店の際ご相談下さい。 しっかり保湿とケアをして、艶のある上品なヘアスタイルで今年の冬を楽しんでみてはいかがでしょうか。...

冬に合わせた前髪の作り方

冬に合わせた前髪の作り方

季節に合わせたヘアスタイル。 服装だけでなく、ヘアスタイルも季節に合わせると、より一層日々のライフスタイルが楽しくなります。 ただ、髪を伸ばしている方や、あまり全体の長さを変えたくない方は、雰囲気を変えることが難しいと考え、ヘアチェンジを諦めてしまう方が多いのも事実です。 そこでおすすめなのが、前髪の作り方でヘアスタイルに季節感を出すことです。 今回は冬らしい前髪の作り方について、ご紹介致します。 今回の前髪を作る上で、重要なポイントが2つあります。 1. 毛先の重み  夏は幅を薄めにしたり、毛先を軽くして涼しい印象になる前髪が人気でしたが、冬は毛先に重みを出したバングがおすすめです。  このヘアスタイルのように、顔に馴染むギリギリの重さを残す事で、冬服とのバランスがとれて季節感のあるヘアスタイルになります。 2. 丸みのあるフォルム  顔の形に合わせて、自然なラウンドで前髪を作ると、ヘアスタイルに柔らかさが加わります。  冬服に多く使われるブラウン系の服装との相性が特に良く、全体の雰囲気に統一感が出ます。 上記のポイントを抑えることが出来れば、前髪からぐっと冬らしさを演出されます。 その他にも、その方によってポイントが変わるので、お悩みの方は是非一度ご相談下さい。 前髪から冬らしさを出して、服装やライフスタイルと合わせてより冬を楽しめるヘアスタイルをご提案致します。 ...

品のあるナチュラルな立体感を与える、WIT.のハイライトカラー

品のあるナチュラルな立体感を与える、WIT.のハイライトカラー

暖かくなるとオーダーが増えるのが、ハイライトカラーです。 ハイライトとは、ベースより明るい色の束をいくつも入れることによって動きや立体感を与えるものです。 WIT.のハイライトカラーのこだわりは、糸のように細い束を沢山入れることです。 メッシュと呼ばれていたものより、遥かに細く、その分多く入れることによって、ナチュラルで品のある立体感を生み出せます。 細く沢山入れるので、手間や時間は掛かってしまいますが、この一手間二手間で仕上がりに大きな差が出ます。 そしてWIT.のハイライトのもう一つの利点は、一度入れたらしばらく楽しめるということです。 細くたっぷり入れたおかげで、とてもナチュラルに仕上がるので、退色したり根元が伸びてきても品を失いません。 染めたてから色落ちする過程も楽しめるのがハイライトの魅力の一つです。 白髪染めをしている方でも、生えてきた白髪が馴染むのでハイライトを入れる方も多いです。 明るくしたいけどダメージが気になると言う方も、ハイライトを選択すればダメージを抑えつつも全体のトーンアップが可能です。 4月に入り新年度が始まりましたが、休校やテレワーク、外出自粛などで思うような生活ができない方も多いと思います。 ヘアスタイルが精神に及ぼす力は大きいと私達は思っています。 少しでも気分が明るくなるよう、暖かい季節を楽しみに出来るよう、髪色を変えてみてはいかがでしょうか。 無理のない範囲でのご来店お待ちしております。 ...

クールさと可愛いらしさを兼ね備えるマッシュウルフ

クールさと可愛いらしさを兼ね備えるマッシュウルフ

「クールさも欲しいけど、可愛らしさも残したい。」 そんな想いに応えることが出来るヘアスタイルが、マッシュウルフです。 そこで今回は、クールさと可愛いらしさを兼ね備えたマッシュウルフについてご紹介をさせていただきます。 マッシュウルフとは、ウルフベースで演出されるシャープさと、マッシュベースで得られる丸みを組み合わせたヘアスタイルです。 毛先の動かし方や、顔周りのフォルムで印象が大きく異なるので、自然と馴染むマッシュウルフにする為には、下記のポイントが重要になります。 1. 毛先を軽くしすぎない   ベースカットで毛先の動きにデザインがされている分、毛先を軽くしすぎてしまうと動きがつきすぎて、個性的な印象のヘアスタイルになってしまいます。   その為、全体のバランスを見ながら毛先に重さを残して、自然なニュアンスを表現することが大切になります。 2. 顔周りのフォルム  マッシュウルフの肝である、顔周りの丸みをおびたフォルムで切れていないと、フェイスラインが綺麗に見えません。  顔の形だけでなく、顔周りの生えグセや毛量、その方の髪質をしっかりと計算をして、ナチュラルに顔に沿う丸みを作事が重要となります。  それにより、顔のバランスが良く見えて、綺麗なフェイスラインを演出致します。 上記のポイントを踏まえて、マッシュウルフで雰囲気がある女性らしいヘアスタイルを手にいれてみてはいかがでしょうか? ヘアスタイルを通して、ファッションやメイクも楽しくなるような提案を致します。 ...

2018年秋冬のナチュラルパーマショートスタイル

2018秋冬おすすめのゆるやかなカールのナチュラルパーマショートスタイル

2018年トレンドのショートヘアーは、WIT.でも多くのお客様よりオーダーを頂いております。 今年の春夏は、動きが少なく落ち着いた印象のストレートタッチなショートヘアに人気がありました。 ただし、秋冬のお洋服は春夏に比べると存在感があります。 ヘアスタイルも、衣替えに合わせて変化をもたらすことで、より洗練された印象を与えることができます。 そこで、今回はこの秋冬にオススメの、柔らかい質感のパーマを加えて、優しいニュアンスを与えるショートヘアついてご紹介致します。 パーマスタイルと一概に言っても、カールの強さや掛ける位置によって全く異なる印象になります。 その為、イメージ通りのパーマを掛ける上で、最も重要になる事が2つあります。 1.頭の形と生え方を理解した上でイメージと兼ね合わせた構成を作ること   人によって頭の形と髪の生え方は必ず違います。   それらを見極め、ロッドの大きさや巻き方など、イメージに沿ったオーダーメイドなパーマの構造を作る必要があります。   それにより、スタイリングがしやすくなり、再現性の高いパーマスタイルへと導きます。 2.髪質に合った最適の薬剤を選定すること   パーマトラブルの原因の多くが、髪質に合った薬剤を使用出来ていないからです。   WIT.では、カウンセリング時に丁寧に髪質を診断することで、最適な薬剤での施術を可能にしています。   使用する薬剤へもこだわりがあり、数多くのパーマ液を試した上で、   理想のカールが出て、尚且つ髪への負担が少ないものを厳選してご用意しております。   また、熱を使わず薬剤の力だけでパーマを掛けるので、髪への負担が少なく自然なカールを創ることができます。 このショートスタイルのパーマでは、根元から大きめのカールが出るように設定してパーマを構築しています。 そうする事で、ナチュラルでラフな動きと立体感により、柔らかなニュアンスを作り出しています。 また、雰囲気を洗練されたものにするため、スタイリングはウェットな質感のものを使用しています。 秋冬の雰囲気や服装に合わせて、ゆるやかなカールのあるナチュラルなパーマはいかがですか? 毎朝のスタイリングをする時間が楽しくなるパーマスタイルをご提案致します。...

髪を補修しツヤと柔軟性を与えるレオノールグレユのシャンプーとその選び方

皆様はどのようにシャンプーを選んでいますか? 使用感や香り、成分、またはブランド、コストパフォーマンスなど様々な理由があるかと思います。 私達がWIT.で使用しているプロダクトは、綿密なリサーチの元、多くを実際に使用し比較検討して選んでいますが、その中から、ヘッドスパにも採用しているレオノールグレユのシャンプーについてご紹介致します。 レオノールグレユは、ナチュラルな成分を使いながら目を見張る効果を発揮させることを目的として作られている、ラグジュアリーなヘアケアブランドです。 ラインナップが非常に豊富で、シャンプー1つをとっても多くの種類がありますが、その中から3つをご紹介させて頂きます。 3つの商品の共通のおすすめポイントは、洗浄とコンディショナーの両方の働きをするトリートメントシャンプーであることです。 十分なコンディショニング効果を感じられながら、忙しい日々のヘアケアの手間を減らせるのは魅力的です。 以下に髪質に合わせたプロダクトをご紹介します。 ・乾燥気味、ロングヘアーの方向け: <シャンプワン バム>  全ての髪質に使用できますが特に毛先の乾燥が気になる方におすすめです。  乾燥して硬くなった髪に保湿をし柔軟性を与えます。  まとまりが出るので指通りも良くなります。 ・ボリュームが気になる、ハリコシが気になる方向け: <バンボリュマ オザルグ>  髪にハリとコシを出し、弾力が増します。  髪のもつれをほどき、ふわっと空気を纏ったような質感に仕上がります。  ・非常に乾燥している髪のためのスペシャルシャンプー: <シャンプワン レビ>  フランス語で蘇生を意味する名と冠したこのシャンプーは、乾燥が激しく、弾力を失った髪にオススメです。  ビタミンBとC、アミノ酸が傷んだ髪をケアし表面を整えます。  ツヤとしなやかさを実感できます。 原材料がナチュラルなシャンプーなので、一般的なものと比べると泡立ちにくいです。 しかし髪を洗う頻度の高い日本人には泡立ちの良さよりも泡切れの良さの方が重要です。 シャンプー前のお湯で流す工程だけで7〜8割程度の汚れは落ちると言われていますので、よく髪と頭皮を洗い流した後にご使用することをおすすめします。 サロンでのトリートメントももちろん効果的ですが、ご自宅でのケアをご自身の髪質に合った品質の良いプロダクトにすることで長期的な髪質改善が期待できます。 また、レオノールグレユは上質な香りも人気の1つです。 毎日のバスタイムを、よりリラックスした素敵な時間にしてくれます。 ご興味がある方はお気軽にご相談ください。 また、ヘッドスパも全てレオノールグレユのプロダクトで施術しております。 今までにない"ツヤ"と"髪が柔らかくなる"感動を是非ご体感ください。...

夏に向けてナチュラルなグラデーションで楽しむバイヤージュカラー

ヘアカラーで変化をつけて、夏に向けたスタイルチェンジを楽しまれる方が増えています。 ただ、お勤め先や学校の関係で、カラーを楽しめる幅が狭くなってしまう方もいらっしゃいます。 そのような方でも、カラーをより楽しむことの出来るバイヤージュカラーという技法があります。 ナチュラルに品を保ちながらも立体感を演出する、おすすめの夏ヘアをご紹介します。 バイヤージュカラーとは、2種類の明度のカラー剤を用いて、根元から毛先にかけてランダムなグラデーションカラーを施し、あえて暗い部分と明るい部分を作る技法です。 通常のカラー技法より、明暗差の影響から立体感を演出できます。 また暗い部分を残す事で肌との調和が取れるので、より自然な動きを印象づけることができます。 近年、海外のトップモデルやセレブも採用しており、ミランダ・カーや女優のミラ・ストーンもこの技法で染めています。 一般にバイヤージュカラーというと、ブリーチを用いるイメージがありますが、必ずしも明るいカラーにブリーチを使用する必要はありません。 なぜなら、そこまで明るい色を用いずとも、充分な明暗差を演出することが可能だからです。 その為には綿密に計算してカラーを作る必要がありますが、カウンセリングを通してお一人お一人に合わせた施術をさせて頂きます。 普通のヘアカラーに飽きた方や、イメージチェンジをされたい方には最適なヘアカラーです。 WIT.では、細部まで妥協をせず、丁寧に継続して積み重ねる事を大切にしています。 特にヘアカラーでは、以前の施術が今後に影響しますので、蓄積が重要です。 そういったことを踏まえて、お客様と向き合うことで質の高いヘアスタイルを実現しています。 夏に向けて新たなヘアーにされたい方や、ご興味をお持ちいただけた方はぜひ一度ご相談下さい。 ご旅行やお祭りなど、この夏お出かけする事が楽しみになるヘアーを提案いたします。...

乾かすだけで決まる洗練された大人ナチュラルボブ

ボブと一口に言っても、モード寄りの洗練された雰囲気から、フェミニンなイメージまで、様々なスタイルがあります。 その中でも、2018年の夏に特にオススメしたいボブがあります。 昨年の夏は切りっぱなしのボブがトレンドでしたが、今年はナチュラルな雰囲気の中に少し動きを出したボブが人気の傾向にあります。 今回ご紹介させていただくボブスタイルは、上品さを残しつつ、ポイントとしてラフな動きを加えたボブで、以下の2点が特徴です。 1.毛束を作り、立体感を出す   表面と内側に柔らかく動く毛束を作り、メリハリをつける事で頭の形が綺麗に見えます。   動かす箇所の構成についても、頭の形やその方の持つ雰囲気を考慮した計算されたカットすることで、最適なバランスをご提案します。 2.カットラインでまとまりを作る   べースになるのは、ベーシックなカットラインです。   まとまりやすく、ご自身でも扱いやすいようにラインを出していきます。   また、ほどよく重さが残るので、洗練された印象を演出することができます。 お一人お一人のクセに合わせてカットさせていただくので、乾かしただけでもスタイリングが決まります。 また、より柔らかい印象にされたい方は、パーマもオススメです。 ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ一度ご相談ください。 夏服に合わせるのが楽しみになるボブスタイルをご提案します。...

internal_server_error <![CDATA[WordPress &rsaquo; エラー]]> 500