fbpx
About WIT.

東京都目黒区青葉台1-15-8 青葉台エスカリエB1F

03-6874-1995

Jump to contact page

Follow Us

ボブ Tag

暑い夏はミニボブでストレスフリーに

暑い夏はミニボブでストレスフリーに

人気のヘアスタイルの定番であるボブ。 一言に“ボブ”といってもさまざまなスタイルがあります。 レングスの長さ、カットライン、厚みや丸みの付け方で印象はガラッと変わります。 この僅かな違いによって、ナチュラルにしたりモードにしたり、季節感を出すことも出来ます。 夏に特にお勧めしたいのがミニボブです。 ミニボブとは襟足ギリギリまで詰めたコンパクトなボブです。 結べませんが首後ろに溜まる髪がないので、夏特有の首元の暑さやムレが気になりません。 また、元々ボブはカットラインの出しやすいスタイルで、その中でもミニボブはレングスが短いので特に扱いがラクです。 その為、乾かしただけでキマリやすく、スタイリングもオイルのみで仕上げられるので、暑い夏にベタベタ付けたくない方にお勧めです。 写真のスタイルはストレートですが、癖毛の方にもミニボブはお勧めのスタイルです。 軽くするポイント、重さを残すポイントを調整することで、癖毛の方のお悩みである拡がりを抑えることができます。 また、ボブは伸ばしやすいのもメリットの1つです。 夏は短く、冬は伸ばしたいという方も多いと思います。 ボブはレイヤーを入れない切り揃えたスタイルなので、伸びていく過程もストレスなく過ごすことができます。 ボブにしたことはあってもミニボブまで切ったことのない方、ボブに挑戦したことがなく気になっている方、是非ご相談ください。 今までにない扱いやすさを実感できると思います。 年々暑さが増す夏、ミニボブでシンプルでストレスフリーなヘアを楽しんでみてはいかがでしょうか。...

オラプレックスカラーでダメージレスなハイトーン

オラプレックスカラーでダメージレスなハイトーンに

暖かくなってくると、髪色を明るくしたいという方が多くなってきます。 継続して明るめのカラーを重ねれば、カラー剤でもある程度の明るさにすることはできます。 しかし、染められる色味の幅や透明感は、ハイライトやブリーチの方が格段に上です。 ただ、ブリーチには抵抗があるという方も多いのが実際のところ。 1番の要因としては、ダメージがあげられます。 ブリーチは髪の色素を脱色する力が強く、カラー剤よりかなり明るくできる分、受けるダメージも大きなものになります。 ハイトーンカラーで髪の毛を綺麗に保つ為にはOLAPLEXが必須です。 OLAPLEXとはアメリカの科学者が開発した新世代のヘアトリートメントです。 カラーやパーマの薬剤に混ぜることで、薬剤からのダメージを最小限に抑える処理剤として、ここ数年美容業界で飛躍的にヒットしました。 ".薬剤からのダメージを抑える"と聞くと、髪の外部を補修することをイメージしがちですが、OLAPLEXは髪外部だけでなく髪内部にも作用します。 髪内部に必要な栄養補給を行いハリとコシを与え、表面のキューティクルを整え艶とまとまりが出ます。 ダメージした毛というのは、髪内部の組織がスカスカになっている状態。 そのような髪にはカラーやパーマの薬剤も作用しにくく、染まりムラや色落ちなどの支障がでます。 OLAPLEXはそういった元のダメージを補修しながら薬剤の作用にも良い影響をもたらします。 薬剤のダメージを抑えることは勿論、ムラなく染まり、色持ちも良くなります。 勿論ハイトーンだけでなく、暗めのカラーにする際も効果的です。 ダメージを気にせず、今までより選択肢の広がったカラーリングを楽しんでみてはいかがでしょう。 上記写真のカラーは2ブリーチしたベースに、柔らかいベージュのカラーを重ねました。 ブリーチにも、カラー剤にもオラプレックスを使用しました。 ご自宅でもオラプレックスのプロダクトを使用してくださっているので、色落ちしても綺麗な状態を保てています。 サロンでの施術でダメージを抑えることも大事ですが、その後のホームケアでも仕上がりの持ちに差が出ます。 ホームケアも丁寧にお伝えしますのでご相談ください。 ...

冬に合わせた前髪の作り方

冬に合わせた前髪の作り方

季節に合わせたヘアスタイル。 服装だけでなく、ヘアスタイルも季節に合わせると、より一層日々のライフスタイルが楽しくなります。 ただ、髪を伸ばしている方や、あまり全体の長さを変えたくない方は、雰囲気を変えることが難しいと考え、ヘアチェンジを諦めてしまう方が多いのも事実です。 そこでおすすめなのが、前髪の作り方でヘアスタイルに季節感を出すことです。 今回は冬らしい前髪の作り方について、ご紹介致します。 今回の前髪を作る上で、重要なポイントが2つあります。 1. 毛先の重み  夏は幅を薄めにしたり、毛先を軽くして涼しい印象になる前髪が人気でしたが、冬は毛先に重みを出したバングがおすすめです。  このヘアスタイルのように、顔に馴染むギリギリの重さを残す事で、冬服とのバランスがとれて季節感のあるヘアスタイルになります。 2. 丸みのあるフォルム  顔の形に合わせて、自然なラウンドで前髪を作ると、ヘアスタイルに柔らかさが加わります。  冬服に多く使われるブラウン系の服装との相性が特に良く、全体の雰囲気に統一感が出ます。 上記のポイントを抑えることが出来れば、前髪からぐっと冬らしさを演出されます。 その他にも、その方によってポイントが変わるので、お悩みの方は是非一度ご相談下さい。 前髪から冬らしさを出して、服装やライフスタイルと合わせてより冬を楽しめるヘアスタイルをご提案致します。 ...

スタイリングが簡単な夏におすすめのボブスタイル

梅雨明けが近く、気温が上がってくるこれからの季節は、見た目がスッキリしていて、スタイリングが簡単なナチュラルボブがおススメです。 今回は、夏服との相性が良く、洗練された印象になるボブスタイルについて、ご紹介をさせていただきます。 このボブのポイントは、以下の2点になります。 1. 毛先に重さを残したカットライン  一言にボブと言っても、その中には多数の形があります。  今回のボブスタイルでは、2つの理由から重さを残したカットラインで作っています。 ・夏は湿気が多く、毛先が軽いと広がりやすくなる為 ・重めのラインにすることで、内側の髪の毛量調整ができる  このカット方法をベースに、お一人お一人の髪質に合わせてカットする事で、再現性の高いボブになります。 2. ナチュラルな前下がりのラインを作る  髪の毛の性質の一つに、短い髪から長い髪に流れる習性があります。  その性質を生かして、角度の緩やかな前下がりのカットラインを作ることで、柔らかいニュアンスが出て女性らしさを演出します。 この2点を押さえてボブスタイルを形成が出来ると、スタイリングにオイルを揉み込むだけで、簡単に決まります。 この夏は、スッキリとしたボブスタイルに挑戦してみてはいかがでしょうか? 毎日のお手入れも簡単に、洗練された雰囲気を楽しめます。 ...

簡単でニュアンスも出せる在宅ワークにおすすめのヘアアレンジ

在宅ワークの期間も長くなり、ヘアスタイルにお悩みを抱える方も多いかと思います。 出社をしない為、ヘアスタイリングをしっかりとしたくないが、オンライン会議などでヘアスタイルは整えたいという方に、おすすめなのがヘアアレンジです。 今回は簡単にできて、邪魔にならず作業効率もあがり、オンライン会議などでも良い印象を与えるヘアアレンジの作り方をご紹介いたします。 今回のヘアアレンジでは、以下の3つがポイントになります。  1. 髪の毛の量を少なめに取る  まず始めに、頭のハチの上部分を分けて取ります。  ここであまり多く取ってしまうと、結び目が太くなってしまい、ナチュラルに仕上がらないので、少なめに分けることがおすすめです。  2. 少しゆとりを持たせた位置でまとめる   1.で分け取った髪の毛をヘアゴムで一つにまとめます。  根元の近くではなく、少し間隔を空けて結ぶのがポイントです。  また、可能な限り細めのヘアゴムを使用した方が、結び目が目立たずヘアスタイルとして馴染みます。  3. 崩しでニュアンスを加える  次に結んだ根元に指を通して分けます。  その間に毛束を上から下に通し、毛先を二つに分けて引っ張ります。  このままだとタイト過ぎて、分け目が見えやすいので、少し崩します。  片手でヘアゴムの結び目を押さえながら、ねじれている部分を少し摘みながら、ニュアンスを出していきます。  この際に強く引きすぎると、崩れ過ぎてしまうので、軽くつまむような感覚で作って下さい。 上記のポイントを押さえながらヘアアレンジをすれば、誰でも簡単に雰囲気のあるヘアアレンジを作れます。 変化を付けづらいこの時期に、ヘアアレンジでアクセントをつけてみてはいかがでしょうか? 髪がまとまると作業もしやすくなるので、仕事とプライベートの切り替えの一つの方法として、是非お試し下さい。 ...

柔らかいニュアンスのパーマを加えてボブヘアを更に楽しむ方法

「ボブヘアは気に入っているけど、雰囲気に少し変化を付けたい」 そのようなお悩みの際は、ボブヘアにパーマを加える事で更に楽しむ事が出来ます。 パーマには、強めにカールを出すものから緩めのパーマヘアなど様々な方法がありますが、今回は春に向けて柔らかいニュアンスのパーマを加えたボブヘアについてご紹介致します。 今回のパーマヘアにする上で、ポイントとなるのは下記の2点です。 1. 根元からカールを加えて、くせ毛のような質感を与える  カールを出し始める位置によって色々な表情を髪にもたらしますが、今回ご紹介するパーマヘアでは、根元から掛ける事をおススメします。  根元から掛ける事で、ヘアスタイルの骨格にメリハリを加える事が出来き、頭が小さく見えます。 また、くせ毛のような質感を得ることで、柔らかな印象へと導きます。 2. 表面のカールの動きをランダムに出す  ボブヘアは、纏まるカットラインが特徴の、スタイリングが扱い易いヘアスタイルです。  その良さを失わない為にも、ベースとなる部分は規則的なカールを加えます。  反対に表面の毛先は、ランダムに動くカールを与える事で、無造作な決めすぎないヘアスタイルを表現します。 上記の点を実現すると、ボブヘアの良さを更に引き立てるパーマヘアとなります。 更に上質なパーマヘアをお求めの方は、相性の良いトリートメントを組み合わせる事で、驚く程良い状態の髪の毛でヘアスタイルを楽しめます。 これから春に向けて、髪の毛にパーマヘアで柔らかいニュアンスを、手に入れてみてはいかがでしょうか? イベントの多い春を一層楽しめるように、ヘアスタイルを通してお手伝い致します。 ...

簡単スタイリング、乾かすだけで決まるショートボブ

簡単スタイリング、乾かすだけで決まる柔らかいショートボブ

2018年大人気のショートヘアー。 ヘアスタイルを軽くすることで、重たくなる冬服とのバランスでスタイリッシュな印象になります。 そんな事情もあってか、最近は冬に向けて益々オーダーが増えています。 その中でもおすすめなのは、再現力が高く手間の掛からない「簡単スタイリングで乾かすだけで決まるショートボブ」です。 WIT.では、サロンでの仕上がりだけでなく、ご自宅で再現が出来て初めて完成だと考えております。 その為、乾かしただけでも簡単にスタイリングができるように、緻密に計算してカットをしています。 それを実現する為に大切にしているのが、カウンセリングでの見極めです。 髪質・生え癖・頭の形・毛量など、様々なことがお一人お一人異なります。 また、どのような乾かし方をしているのか、どのようなプロダクトを使用しているのかも重要です。 それらをカウンセリングの際に丁寧に診断し、明確にすることでその方に最適なカットの構成を提供できるからです。 今回のショートボブでは、特に下記のポイントに重点を置きました。 1.頭と顔の形に合わせたカットライン   もっとも人から多く見られる角度が横顔です。   その為、頭の形が小さく見えて、顎のラインもすっきり見える位置にカットラインを設定する事がもっとも重要になります。   頭の曲線・顎の曲線・首の長さ・生え癖を考慮し、もっとも綺麗に見えるカットラインにします。   それにより全体のバランスが良く見え、自然と頭に馴染むヘアスタイルを実現しています。 2.揃え過ぎないカットライン   あまりカットラインを揃え過ぎてしまうと、強調し過ぎてしまい、その方の持った雰囲気に合わない事があります。   ただ、反対に軽過ぎてもチープになってしまうので、毛量や髪質を考慮した上で、絶妙な質感に切る事で元々お持ちの雰囲気に洗練された印象をプラスします。 また、その方の髪質やライフスタイルに沿った乾かし方や、スタイリング方法を合わせてご提案するのでご自宅でも乾かすだけで簡単に決まるようになります。 今回の場合はハンドドライ後に、上質なツヤのある質感を与えるユイルレオノールグレユを使用致しました。 ※参照「保護と補修をしながら最高の質感を与えるヘアオイル ユイルレオノールグレユ」 あまりスタイリングが得意ではない方、朝時間がない方などご興味をお持ちいただけた方は是非一度ご相談下さい。 スタイリングの際に感じているストレスを無くし、毎日のセット時間が楽しみになるショートボブをご提案致します。...

洗練された雰囲気になる夏の大人ナチュラルショートボブ

この夏、感度の高い方々がこぞってオーダーされている「ショートヘア」。 今年のトレンドという事もあり、これから本格的になる夏に向けてばっさりカットされる方が増えています。 一般的にショートヘアというと、ボーイッシュなイメージをお持ちの方も多いと思いますが、カットの仕方によっては、女性らしさをより引き立てるショートヘアもあります。 そこで今回は、洗練された雰囲気を持たせながら、ナチュラルな女性の魅力を引き出したショートボブについてご紹介させていただきます。 今回のショートヘアにする上で、とても重要なポイントが2つあります。 「襟足の切り方」と「頭頂部に丸みを残す」ことです。 1.襟足の切り方   襟足の生え方の癖と頭の形、首の丸みをそれぞれ計算した上で、襟足が首に自然に馴染むようにカット致します。   それにより、サイドの髪の毛を耳に掛けた際に、首筋と顎のラインがキレイに見えるので、横顔を凛とした印象へと導きます。 2.頭頂部に丸みを残す   頭頂部に、自然な丸みが残るようにカットすることで、女性らしい柔らかい雰囲気を感じさせるヘアーになります。   また、襟足部分とのメリハリにより、頭全体のバランスが良く見えるので小顔効果もあります。 上記の2つのポイントを踏まえてカットすることで、ナチュラルな女性らしさを引き立てるショートヘアを実現することができます。 このようなショートボブはセットの際の再現性が高く、スタイリングも簡単なので、朝忙しい方にも大変オススメです。 また、カジュアルでもモードでも、どのような服装とも相性が良いのも特徴です。 今年の夏は、思い切って女性らしい洗練された雰囲気のショートボブに挑戦してみませんか? ご興味をお持ちいただけた方は、ぜひ一度ご相談ください。 毎朝のスタイリングが楽しくなる、ショートヘアをご提案致します。...

乾かすだけで決まる洗練された大人ナチュラルボブ

ボブと一口に言っても、モード寄りの洗練された雰囲気から、フェミニンなイメージまで、様々なスタイルがあります。 その中でも、2018年の夏に特にオススメしたいボブがあります。 昨年の夏は切りっぱなしのボブがトレンドでしたが、今年はナチュラルな雰囲気の中に少し動きを出したボブが人気の傾向にあります。 今回ご紹介させていただくボブスタイルは、上品さを残しつつ、ポイントとしてラフな動きを加えたボブで、以下の2点が特徴です。 1.毛束を作り、立体感を出す   表面と内側に柔らかく動く毛束を作り、メリハリをつける事で頭の形が綺麗に見えます。   動かす箇所の構成についても、頭の形やその方の持つ雰囲気を考慮した計算されたカットすることで、最適なバランスをご提案します。 2.カットラインでまとまりを作る   べースになるのは、ベーシックなカットラインです。   まとまりやすく、ご自身でも扱いやすいようにラインを出していきます。   また、ほどよく重さが残るので、洗練された印象を演出することができます。 お一人お一人のクセに合わせてカットさせていただくので、乾かしただけでもスタイリングが決まります。 また、より柔らかい印象にされたい方は、パーマもオススメです。 ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ一度ご相談ください。 夏服に合わせるのが楽しみになるボブスタイルをご提案します。...

2018年オススメのラフに動かすボブスタイル

すっきりと洗練されていて、スタイリングがしやすいボブスタイル。 2017年に続き、2018年もとても人気があるヘアスタイルです。 今年のボブは、カラーやスタイリングをアクセントに加えて、個性を引き立たせるスタイルが主流になりそうです。 その中から、スタイリングで少しラフに遊ばせたボブをご紹介します。 [今回のスタイルのポイント] ・顔周りの動きを抑え、アウトラインの毛先に無造作な動きを出す ・カットラインはベーシックに纏まりがあるライン ・ナチュラルな質感のスタイリング剤を使用する カットでスタイリングをしやすく切らせていただきますが、より簡単にスタイリングをされたい方は、パーマをナチュラルにかける事もお勧め致します。 昨年は切りっぱなしのボブがトレンドでした。 ボブのラインをキープしながら、雰囲気を変えられるオススメのスタイルです。 ご興味をお持ち頂けましたら、ぜひご相談ください。...

internal_server_error <![CDATA[WordPress &rsaquo; エラー]]> 500