fbpx
About WIT.

東京都目黒区青葉台1-15-8 青葉台エスカリエB1F

03-6874-1995

Jump to contact page

Follow Us
WIT.

パーマ Tag

ムースを使ったスタイリングで、理想のパーマのニュアンスを作る方法

ムースを使ったスタイリングで、理想のパーマのニュアンスを作る方法

パーマヘアのスタイリング剤には、何を使用していますか? 秋に向けたヘアスタイルの中で、今年はパーマヘアも人気があります。 数多くのスタイリング材があり、パーマヘアにどれを使用するか迷うと思われますが、ムースを使用することがオススメです。 そこで今回は、簡単にパーマの良さを引き出せ、スタイリングも楽になるムースを使用したスタイリング方法をご紹介致します。 まず、スタイリングに関係のあるパーマの主な性質についてご説明致します。 ・パーマは水分を含んだ状態で、カールが綺麗に出る ・反対に乾いた状態では、少しパーマが伸びる また、今回のスタイリング方法では、トリートメントタイプのムースを使用する事がオススメです。 それを踏まえて、ムースを使ったスタイリングでは、2つのケースに分かれます。 1. 夜シャンプーをする方  パーマヘアの方でよく伺うのが、カールを復活させる為に、朝もう一度髪を濡らす事です。  その場合、時間と手間が掛かってしまうので、濡らす代わりにムースを使用すると簡単にカールを出す事が出来ます。  ムースの主成分は水なので、水で濡らさなくても水分を髪に与える事が出来ます。  また、フォーム状なので、全体に均等に水分を与える事ができ、使う量によってカールの強さを調整できる事もメリットです。  ムースをつけた後は、保湿力に優れたWaxやオイルを使い、カールを出しつつ水分を閉じ込めると、一日中パーマヘアを楽しめます。 2. 朝シャンプーされる方  朝シャンプーをされる方のムースの使い方は2通りあります。  1つは1.で紹介させていただいたスタイリング方法と同じです。  もう1つは濡れてる際にムースを使用する方法です。  シャンプー後ハーフドライまで乾かし、ムースを付けてから再度乾かします。  完全に乾いた後にWaxやオイルをつけて、完成です。  この方法だと、1.よりも強くカールを出したスタイリングにする事が出来ます。 上記のようにムースを使うと、パーマのスタイリングの幅が広がり、繊細なニュアンスが出せて、一層パーマヘアを楽しむ事が出来ます。 パーマヘアの扱いにお悩みの方やもっとパーマヘアを楽しみたい方は、是非一度ムースを使ったスタイリング方法をお試し下さい。 日々のセットが簡単になり、スタイリングが楽しくなります。 ...

2018年冬におすすめの独創的な90年代リバイバルパーマヘア

2018年冬におすすめの独創的な90年代リバイバルパーマヘア

今ジワジワと人気の兆しが見られるヘアスタイルがあります。 それは従来のパーマよりも、強めのカールを加えて、髪の毛を大胆に動かすパーマヘアです。 90年代のリバイバルが人気沸騰中のファッション業界。 それに合わせるように、ヘアも90年代のスタイルを再構築したものにブームの兆しがあります。 そこで今回は、その中でも今後更に人気が高まりそうな、強めのカールの独創的なパーマヘアをご紹介致します。 少し前までは、地毛の様な自然な雰囲気の柔らかいパーマヘアに人気がありました。 現在はそのブームは一巡して、違いのあるスタイルを求める方が増えはじめています。 そんなちょっと先進のスタイルをお探しの方には、カールを強めにしたリバイバルパーマヘアが断然おすすめです。 このヘアスタイルの1番のポイントは、全体の印象に良いアクセントを加えることができることです。シンプルな服装に対してはアクセントとして、個性的な服装にはもう一歩踏み込んだセンスを表現するアイテムとして、あなたの個性を引き立たせてくれます。 また、WIT.のヘアスタイルの特徴でもある、スタイリングが簡単で再現性が高い事もおすすめの理由の1つです。 新しい年に向けて雰囲気を一新されたい方や、一歩進んだヘアスタイルにしたい方は、是非ご相談ください。 あなたの個性と新たな可能性を引き出すパーマヘアを必ずご提供いたします。...

へたってしまう秋冬に柔らかくしなやかに動く、傷みの少ないWIT.のパーマ

こんにちは、アシスタントのmizukiです。 今年もあと3ヶ月を切りました。 私も1月からWIT.に入社してはや9ヶ月。 いち早くデビューできるようにと練習、勉強の日々です。 今回はアシスタントである私が日々取り組んでいる、レッスンについてご紹介したいと思います。 レッスンとは営業後に行う技術練習のことです。 シャンプーから始まり、最後はカットの技術を身につけスタイリストとしてデビューするのですが、私は現在パーマのレッスンを修了したところです。 パーマを巻く練習は専門学生の頃嫌という程やりましたが、その時はウィッグ(マネキンの頭部だけのもの)を使っていました。 国家試験に受かるための練習と、実際にお客様に施術して満足して頂くことでは大きな隔たりがあります。 WIT.では、お客様お一人お一人に、いかにオーダーメイドのヘアスタイルを提供できるかという事を大事にしています。 同じように掛けたパーマでも、人が違えば仕上がりは変わってきます。 そこで、頭の大きさ、形、髪の長さや毛量を考えながら施術していきます。 どのようにその方の希望するスタイルにするか。 そして、お客様が求めている以上に、より可愛くするにはどう工夫すれば良いのか。 一人一人違うので難しいですが、そこが楽しいところでもあります。 8月から沢山のモデルさんにご協力頂きチェックに合格することが出来ました。 とはいえ、100人いれば100通りのパーマスタイルがあります。 飯島さんが掛ける、その方に合わせたその方のためだけのパーマスタイルを見て触れて更に理解を深め感性を磨いていきたいです。 また、パーマは傷みが気になってなかなか挑戦出来ないという方も多いと思います。 WIT.のパーマは、特に優しい薬剤をじっくりと時間をかけて浸透させていくので、傷みも少なくカールの持ちがとても良いです。 癖毛のようなパーマ、外国人のようなパーマ、毛先にワンカール、前髪のみのパーマなど。 髪に曲線が加わることで柔らかさやこなれ感を演出できますし、スタイリングも楽になります。 これからの季節、乾燥で髪がへたってしまう方、上手くスタイリングが決まらないという方、是非WIT.のパーマでイメージチェンジしてみてはいかがでしょうか。...

2018年秋冬のナチュラルパーマショートスタイル

2018秋冬おすすめのゆるやかなカールのナチュラルパーマショートスタイル

2018年トレンドのショートヘアーは、WIT.でも多くのお客様よりオーダーを頂いております。 今年の春夏は、動きが少なく落ち着いた印象のストレートタッチなショートヘアに人気がありました。 ただし、秋冬のお洋服は春夏に比べると存在感があります。 ヘアスタイルも、衣替えに合わせて変化をもたらすことで、より洗練された印象を与えることができます。 そこで、今回はこの秋冬にオススメの、柔らかい質感のパーマを加えて、優しいニュアンスを与えるショートヘアついてご紹介致します。 パーマスタイルと一概に言っても、カールの強さや掛ける位置によって全く異なる印象になります。 その為、イメージ通りのパーマを掛ける上で、最も重要になる事が2つあります。 1.頭の形と生え方を理解した上でイメージと兼ね合わせた構成を作ること   人によって頭の形と髪の生え方は必ず違います。   それらを見極め、ロッドの大きさや巻き方など、イメージに沿ったオーダーメイドなパーマの構造を作る必要があります。   それにより、スタイリングがしやすくなり、再現性の高いパーマスタイルへと導きます。 2.髪質に合った最適の薬剤を選定すること   パーマトラブルの原因の多くが、髪質に合った薬剤を使用出来ていないからです。   WIT.では、カウンセリング時に丁寧に髪質を診断することで、最適な薬剤での施術を可能にしています。   使用する薬剤へもこだわりがあり、数多くのパーマ液を試した上で、   理想のカールが出て、尚且つ髪への負担が少ないものを厳選してご用意しております。   また、熱を使わず薬剤の力だけでパーマを掛けるので、髪への負担が少なく自然なカールを創ることができます。 このショートスタイルのパーマでは、根元から大きめのカールが出るように設定してパーマを構築しています。 そうする事で、ナチュラルでラフな動きと立体感により、柔らかなニュアンスを作り出しています。 また、雰囲気を洗練されたものにするため、スタイリングはウェットな質感のものを使用しています。 秋冬の雰囲気や服装に合わせて、ゆるやかなカールのあるナチュラルなパーマはいかがですか? 毎朝のスタイリングをする時間が楽しくなるパーマスタイルをご提案致します。...

驚くようなツヤと手触りを得られるオラプレックストリートメント

WIT.では、ヘアケアやカラー剤、スタイリングに使用するプロダクトにもこだわりを持って選んでいます。 世界には数え切れない程のヘアプロダクトがありますが、その中からリサーチを重ね、実際に使用し、比較・検討し、またサロンワークでのお客様の声を聞きながら厳選して、自信を持って提供できる物だけを扱っております。 今回はその中から、新たに2月より導入をしたオラプレックストリートメントをご紹介します。 オラプレックス【OLAPLEX】は科学者によって開発された、美容界の常識を変えたトリートメントです。 毛髪科学の観点から髪の内部を補修、強化し、保護する事に唯一成功したサロン専用のトリートメントでもあります。 海外では高い人気があり、ジェニファーロペスやキムカーダシアンといった海外の著名人が支持したことにより、人気に火が付きました。 WIT.では、アメリカをはじめとした海外でブームとなっていたこのトリートメントに、早くから注目していました。 実際に輸入をして効果を検証し、そのパフォーマンスに感動しました。 そのオラプレックストリートメントが、ついに日本で販売を開始したのです。 実際にサロンでの検証で判明したことは、トリートメントとして使用しても高いパフォーマンスを誇りますが、カラーやパーマと合わせて使用をすると、より効果的ということです。 具体的には以下のように感じました。 1.毛先までツヤがでる   キューティクルのダメージを抑えてくれるので、仕上がりのツヤの良さに驚きました。   ハンドブローで乾かしても、毛先まできれいなツヤがでます。 2.髪の収まりが良くなる   細かい分子レベルで修復されるので、髪の水分が多くなりまとまりが良くなります。   乾燥が気になる方にもおすすめです。 3.髪の質感がしなやかになる   毛髪強度を高めて、ダメージに対して強くなるので、通常の施術よりも負担を軽減して髪の柔軟性を守ります。   乾かしただけでも、柔らかい質感を感じます。 従来のトリートメントにない新しい感触に、感動と驚きを感じて頂けると思います。 ダメージをできるだけ抑えてカラーやパーマをされたい方、綺麗な髪を手に入れたい方は是非お試しください。 今まで得られなかった、ツヤとまとまりを体感していただけます。 ...

2018年オススメのラフに動かすボブスタイル

すっきりと洗練されていて、スタイリングがしやすいボブスタイル。 2017年に続き、2018年もとても人気があるヘアスタイルです。 今年のボブは、カラーやスタイリングをアクセントに加えて、個性を引き立たせるスタイルが主流になりそうです。 その中から、スタイリングで少しラフに遊ばせたボブをご紹介します。 [今回のスタイルのポイント] ・顔周りの動きを抑え、アウトラインの毛先に無造作な動きを出す ・カットラインはベーシックに纏まりがあるライン ・ナチュラルな質感のスタイリング剤を使用する カットでスタイリングをしやすく切らせていただきますが、より簡単にスタイリングをされたい方は、パーマをナチュラルにかける事もお勧め致します。 昨年は切りっぱなしのボブがトレンドでした。 ボブのラインをキープしながら、雰囲気を変えられるオススメのスタイルです。 ご興味をお持ち頂けましたら、ぜひご相談ください。...

洗練された印象になるミディアムパーマ

ボブでもロングヘアーでもない長さのミディアムヘアー。 どのように扱っていいのか分からず、スタイリングにお困りの方が多くいらっしゃいます。 その様な方に是非オススメしたい事は、「パーマ」をかける事です。 ミディアムの長さにはパーマをかける事で、動きが出て一気に洗練された印象になります。 パーマを根元から大きく全体にかける事によって、立体感が出て、こなれた雰囲気を演出します。 ただ、パーマをかける事に対してネガティブな先入観をお持ちの方もいらっしゃると思います。 「前にかけた時に思い通りにならなかった」 「髪の毛が傷む」 「カラーと一緒にしないほうがいい」 このようなお話をお客様から耳にすることがあります。 WIT.では、それぞれのお客様に合わせて、構成や、薬剤を選定させていただくので、必ず最適なパーマを提案致します。 それにより、髪質や骨格・ライフスタイルを分析して、お一人お一人に合ったパーマをご提供します。 特に、以下の2点を大切にしています。 1.髪の毛に出来るだけ負担を掛けないこと   WIT.で使う薬剤は、パーマ液の中でも最もマイルドな物を選んでいます。   頭皮や髪への負担を抑えながら、理想的な動きのあるヘアーを実現致します。 2.スタイリングが簡単に出来ること   ご自宅での再現性を大事にしています。   カウンセリングにしっかりと時間をかけ、セットの方法も丁寧にお伝えします。    パーマはカットのように、切りながら少しずつ完成に近づけるということができません。 必要なのは「スタイルを思い描く想像力」と「それを実現する確かな技術」です。 WIT.では、最高の成果を出せる自信を持って、パーマの施術をおこなっています。 ぜひ一度ご相談ください。 きっと、お悩みから解放されて、毎日のスタイリングや、鏡を見る事が楽しくなるはずです。 ...

髪が傷まないナチュラルパーマ

皆様は、パーマについてどのようなイメージをお持ちでしょうか? お客様の中には、ネガティブな先入観から、興味はあるけれどパーマをかけることを躊躇している方がいらっしゃいます。  「髪の毛が傷む」  「スタイリングが難しい」  「カラーと一緒にしないほうがいい」  「堅い仕事なのでパーマは向いていない」 このようなお話をよく耳にします。 WIT.では、それぞれのお客様のお悩みに応じて最適なパーマを提案しています。 特に、以下の2点を大切にしています。  ・髪の毛に出来るだけ負担を掛けないこと  ・スタイリングが簡単に出来ること 前提として、パーマは以下のような仕組みで髪の毛に癖を作るものです。  ①髪の毛の結合を切断する  ②結合を切断した髪の毛をカーラーなどで固定する  ③切断した髪の毛を再結合する 髪にダメージを与えるのは①の過程です。 WIT.で使う薬剤は、マイルドな物を選んでいるので、頭皮や髪への負担を抑えることができています。 カウンセリングも時間をかけてしっかりとおこないます。 それにより、お一人お一人の髪質や骨格・ライフスタイルに合わせたパーマをご提供することができます。 パーマは、美容師の力量が大きく反映される施術です。 カットのように、切りながら少しずつ完成に近づけるということができません。 「スタイルを思い描く想像力」と「それを実現する確かな技術」が必要です。 WIT.では、最高の成果を出せる自信を持って、パーマの施術をおこなっています。 ぜひ一度ご相談ください。 きっと、毎日のスタイリングのために鏡の前に立つことが楽しくなるはずです。...