fbpx
About WIT.

東京都目黒区青葉台1-15-8 青葉台エスカリエB1F

03-6874-1995

Jump to contact page

Follow Us

カット Tag

佐藤がメンズカットもお受けできるようになりました

佐藤がメンズカットもお受けできるようになりました

こんにちは、佐藤です。 3月中旬より男性のカットもお受けできるようになり、晴れて正式にstylistとしてデビュー致しました。 WIT.に入社して3年と2ヶ月。 振り返れば専門学生の頃は就職活動が思うようにいかず、周りの友人に遅れをとる焦りや不安、親や先生に対して申し訳ない気持ちもありました。 ただ、ここで妥協して就職しても熱量を持って働き続けていけるような業界ではないと思っていました。 本当に入りたいと思える美容室を見つけるまでは就活を続けようと、内定先が決まらぬまま卒業しました。 今やコンビニよりも多いとされる美容室。 一つ一つホームページを調べ、その中で一つ惹かれたのがWIT.でした。 ご縁やスタッフ、お客様、モデルさんに恵まれ、今もこうしてWIT.で働き続けられたこと、WIT.でstylistとしてデビューできたことを大変嬉しく、そして誇りに思っています。 昨年の12月より、メンズカット以外のお客様の入客がスタートしました。 新規でお任せしてくださるお客様や、今まで技術モデルとして来てくれていた友人が来てくれることは勿論、directorである飯島のお客様にもお祝いの言葉やお花をいただいたり、施術を任せていただくこともあり、それが本当に嬉しく今までやってきたことが無駄ではなかったのだなと実感しました。 美容師としてスタートしたばかりです。 これから先も美容の楽しさ、WIT.の良さを改めて体感しながら楽しく働きたいと思っています。 常に良いものを目指して精進しますので、今後ともよろしくお願い致します。 stylist 佐藤瑞木 ...

襟足をスッキリさせた冬のメンズヘア

襟足をスッキリさせた冬のメンズヘア

本格的に気温が下がり始めいよいよ冬になったと感じるこの頃。 コロナウィルスの影響で、リモートワークになったり遠出を控えている方もいらっしゃると思いますが、近所のスーパーやコンビニ、日用品の買い出しなど、日々の生活で何かと外出する機会はあると思います。 寒さ対策として首元にマフラーやスカーフ、ネックウォーマーを付けるとどうしても気になるのが首元の髪の毛のもたつき。長時間マフラーを付けた後に寝癖のようなあとがついた経験はございませんか? 冬こそ首周りを綺麗にカットしてあげるのも、冬の寒さとスタイルよく付き合う一つの方法だと思います。(長さによって違う解決策もございますが…。) 「夏場にしていたような短い刈り上げでは寒すぎるし、微妙な長さで首回りがモタつくのは嫌だ」という方にWIT.がご提案させていただくヘアスタイルは、襟足を首に沿うようにカットし、トップと前髪に重みを残した綺麗なヘアスタイルです。 頭が横から綺麗に見えるシルエットで、前髪を長く伸ばされている方は耳掛けもできますし、前髪を作る場合は左右のどちらかに流してセットするとより印象もよくなり、ビジネスシーンにも取り入れやすいかと思います。 セットの仕方は、ワックスやジェル、グリースなどで固めるのではなく、オイルやクリームで保湿しながら艶を与えるようにしてしっとり仕上げると良いと思います。 今回はシャンプー後、髪が濡れている状態でdavines(ダヴィネス)のオーセンティックオイルをパール1粒大紙に馴染ませてから根本を中心に8割ほど乾かし(毛先がまだしっとり湿っている状態まで)、もう一度オーセンティックオイルを同じ量馴染ませた後、同じくdavinesのオーセンティクバターを指の先に乗る程度の量を全体に付けました。 davinesの製品はオーガニックでお肌に優しく、オイルは就寝前にも、バターはボディ・フェイスクリームとしてもご使用いただけますので、小さなお子様が髪の毛を触っても問題ございません。もちろん、マフラーやタートルネックのニットに付いても気になりません。 もし何か分からないことや疑問等があれば、ご来店の際ご相談下さい。 しっかり保湿とケアをして、艶のある上品なヘアスタイルで今年の冬を楽しんでみてはいかがでしょうか。...

乾燥の気になる冬に大切なパーマのケア

乾燥の気になる冬に大切なパーマのケア

例年より遅くはありますが、徐々に気温が下がり始めました。 WIT.から冬のメンズヘア/パーマについてのご提案と、ヘアケアの方法をご提案させていただきます。 暑い夏場はスッキリと刈り上げ、涼しげで清潔感のあるヘアをお求めの方が大勢いらっしゃるように、寒くなるに連れて長めのヘアで暖かさと落ち着きを演出するのはいかがでしょうか? 冬は洋服にボリュームが出るので、ただ単に髪を伸ばすのではなく、襟足や前髪を綺麗に整え、毛量も適度に軽くしながら髪を伸ばしていくことで野暮ったさが出ずに綺麗な印象になります。 そんな中でヘアスタイルに少し印象を与えるのには"パーマ"がおすすめです。 パーマは、ただ単に髪にカールをつけるだけではなく、ポイントごとにボリュームを出したり、逆にボリュームダウンさせることも可能です。WIT.では、お客様それぞれの髪質、頭の形や生活スタイルに合わせてパーマをかけていきます。 パーマをかけたい、既になさっている方に向けていくつかの注意点とケアの仕方をお伝えします。 1. パーマ後は可能であれば72時間シャンプーをしないこと これはカラー等のメニューでも言えることなのですが、通常、美容室ではアルカリ性の薬剤を使用して髪の色や形状に変化を与えます。 施術後にシャンプーで流しますが、髪の表面は数日間アルカリ性(本来は弱酸性であり、アルカリ性になっている時はまだカラーやパーマが完全に定着していません)になっています。 この時にシャンプー等で髪を強く擦ると、せっかくのパーマが崩れる恐れがあるので、なるべく洗わない、お湯で流すのみにしていただけるとその後の持ちがよくなります。 2. ショートヘアの方でもオイルを使いしっかり髪に油分を与える 冬場は乾燥しますので、髪もパサパサしやすくなります。パサパサした髪はまとまりが無く綺麗な印象ではなくなるので、特にパーマをかけている方は、よく触る・風の当たる、前髪部分にしっかりとオイルをつけて乾かし、ワックス等をつける前にもオイルで保湿してからセットすると1日を通して艶っとした質感を保つことができます。 就寝前のシャンプー後もオイルをつけることで、枕による摩擦、静電気を抑えることができるので、是非試していただけますようお願い致します。 髪と肌を乾燥から守り、状態を良く保ちながら日々の生活を楽しく送っていただけますように。 一人一人に合ったヘアスタイルをご提案させていただきます。 ...

冬に合わせた前髪の作り方

冬に合わせた前髪の作り方

季節に合わせたヘアスタイル。 服装だけでなく、ヘアスタイルも季節に合わせると、より一層日々のライフスタイルが楽しくなります。 ただ、髪を伸ばしている方や、あまり全体の長さを変えたくない方は、雰囲気を変えることが難しいと考え、ヘアチェンジを諦めてしまう方が多いのも事実です。 そこでおすすめなのが、前髪の作り方でヘアスタイルに季節感を出すことです。 今回は冬らしい前髪の作り方について、ご紹介致します。 今回の前髪を作る上で、重要なポイントが2つあります。 1. 毛先の重み  夏は幅を薄めにしたり、毛先を軽くして涼しい印象になる前髪が人気でしたが、冬は毛先に重みを出したバングがおすすめです。  このヘアスタイルのように、顔に馴染むギリギリの重さを残す事で、冬服とのバランスがとれて季節感のあるヘアスタイルになります。 2. 丸みのあるフォルム  顔の形に合わせて、自然なラウンドで前髪を作ると、ヘアスタイルに柔らかさが加わります。  冬服に多く使われるブラウン系の服装との相性が特に良く、全体の雰囲気に統一感が出ます。 上記のポイントを抑えることが出来れば、前髪からぐっと冬らしさを演出されます。 その他にも、その方によってポイントが変わるので、お悩みの方は是非一度ご相談下さい。 前髪から冬らしさを出して、服装やライフスタイルと合わせてより冬を楽しめるヘアスタイルをご提案致します。 ...

無造作な動きでラフに仕上がるメンズミディアムパーマ

無造作な動きでラフに仕上がるメンズミディアムパーマ

これから寒くなる季節、ヘアスタイルも季節に合わせて変えてみませんか? 夏の暑さに短く切ってしまった髪を少し伸ばしてみましょう。 カットによる長さの変化だけでなく、カラーやパーマによる色味や動きの変化でヘアスタイルを楽しんでみるのも良いかもしれません。 今回WIT.が男性の方におすすめさせていただくのはパーマです。 気温が下がり髪型も自由に楽しむことのできる季節、髪を伸ばそうとしている男性にパーマをおすすめする理由は、 【完成した髪型】としても、【伸ばしていく過程】としても成立するからです。 刈り上げをしている短髪の男性が髪を伸ばしていく途中で最初に気になるのは、刈り上げ部分のボリュームだと思われます。 髪質が柔らかかったり適度な癖毛ではない限り、ある程度の長さになるまでは、ツンツンと横に張ってきてしまいます。しかしパーマをかけることでその部分がトップと馴染ませやすくなり、スムーズに髪を伸ばしていくことが可能になります。 また、毛量が多くなるとともに毛先が重くなり、セットしづらくなる中で長さを変えずに伸ばしやすくもなります。 パーマの種類や目的も様々です。 強くリッジのあるパーマから緩く柔らかなパーマまで、トップの生え際をパーマでボリュームを出したり、直毛の方の髪にニュアンスを加えたり、癖毛を活かしながらカールを付けることも可能です。 お客様の髪の長さや、ボリュームアップ、ダウンさせたい部分に合わせて巻き方、ロッド構成や薬剤選定、を見極めながら最適なものをご提供させていただきます。 イメージ無しでご相談も可能ですので、興味のある方は是非お気軽におっしゃって下さい。 予約時のメールでコメントを添えていただくか、お電話で伝えていただけたらよりスムーズに対応できます。 季節の変化に合わせてヘアスタイルの気分も変えながら、心地良く過ごしていきましょう。 ご連絡お待ちしております。 ...

クラシックなバーバースタイルをカジュアルダウンさせた、美容師が作るヘアスタイル

クラシックなバーバースタイルをカジュアルダウンさせた、美容師が作るヘアスタイル

今回は夏におすすめのメンズヘアスタイルのご紹介をさせていただきます。 クラシックなバーバースタイルをWIT.なりにカジュアルダウンさせた、ビジネスシーンにも取り入れやすいヘアスタイルです。 ここ数年続くバーバースタイルの人気。 綺麗に七三分けをして、ジェルやポマードでかためるカッチリとしたヘアスタイルは、当初ビジネスマンの間で「仕事にも影響なく気軽に取り入れやすい」「清潔感がある」として人気となり、それとあわせてスーツや革靴、クラシックな服装もブームになりました。 それが近年、アーティストやストリートシーンと組み合わせることで若者の間でも大きな広がりとなると同時に、ビジネスシーンとは離れた、少し「厳つい」「ヤンチャ」なイメージも加わった印象があります。 新型コロナウィルスの影響により、リモートワークやテレワークでの仕事が増え、スーツを着るよりも普段着でいる時間が圧倒的に多くなり、職業によるヘアスタイルの制約も以前ほど厳しくなくなりました。 そこで今回WIT.が提案させていただくのは、スーツでも普段着でもファッションスタイルを問わずに合わせやすく、夏の暑い日も過ごしやすくなる刈り上げで作るヘアスタイルです。 七三分けにするのではなく刈り上げ部分を上げて分け目をなくすことで、髪を流す方向が一方向になるので、セットが格段にしやすくなります。 どんな人におすすめ? ・バーバースタイルで人と被りたくない ・セットを簡単にすませたい。 ・リモート/テレワークによりスーツを着る機会が減ったのでカジュアルな服装にも合うヘアスタイルにしたい。 ・清潔感のあるヘアスタイルにしたい。 どんな髪質ならこの髪型にできる? 特に髪質は関係ありませんが、柔らかい髪質の方のほうがセットはしやすくなります。 硬い髪質の方でも、毛量調節やセットの仕方で再現可能です。 ご来店の際に是非ご相談ください。 どんな輪郭にあう? 顔や頭の形に左右されないので、どのような方にも取り入れやすいです。刈り上げを高い位置に設定しているので、横からのシルエットもよくなります。 刈り上げ位置の高さに、「少し踏み出しにくい」「自分に似合うのだろうか」という印象があるかもしれませんが、お客様お一人お一人に似合わせながらカットさせていただきますので、是非ご参考にしてみて下さい。 生活スタイルや季節の変化に合わせて、ヘアスタイルも変化させながら楽しんでいきましょう。...

スタイリングが簡単な夏におすすめのボブスタイル

梅雨明けが近く、気温が上がってくるこれからの季節は、見た目がスッキリしていて、スタイリングが簡単なナチュラルボブがおススメです。 今回は、夏服との相性が良く、洗練された印象になるボブスタイルについて、ご紹介をさせていただきます。 このボブのポイントは、以下の2点になります。 1. 毛先に重さを残したカットライン  一言にボブと言っても、その中には多数の形があります。  今回のボブスタイルでは、2つの理由から重さを残したカットラインで作っています。 ・夏は湿気が多く、毛先が軽いと広がりやすくなる為 ・重めのラインにすることで、内側の髪の毛量調整ができる  このカット方法をベースに、お一人お一人の髪質に合わせてカットする事で、再現性の高いボブになります。 2. ナチュラルな前下がりのラインを作る  髪の毛の性質の一つに、短い髪から長い髪に流れる習性があります。  その性質を生かして、角度の緩やかな前下がりのカットラインを作ることで、柔らかいニュアンスが出て女性らしさを演出します。 この2点を押さえてボブスタイルを形成が出来ると、スタイリングにオイルを揉み込むだけで、簡単に決まります。 この夏は、スッキリとしたボブスタイルに挑戦してみてはいかがでしょうか? 毎日のお手入れも簡単に、洗練された雰囲気を楽しめます。 ...

直毛・硬毛の方でもセットしやすい WIT. の短髪×パーマメンズヘアスタイル

直毛・硬毛でも簡単にセットできる、刈り上げにパーマをかけたメンズヘアスタイルのご紹介です。 本来バーバースタイルが主流の刈り上げにパーマをかけることで、男らしさの中にお洒落で柔らかい印象を与えることができます。 パーマによって毛先に丸みがつき、刈り上げからトップのはねやすい部分が ピンッと飛び出ることもなくなるので、伸びていく経過も綺麗です。 今回ご紹介するのは、後頭部より上の高い位置まで刈り上げ、トップは重めで前下がりにカット、強すぎないパーマで動きを出したスタイルです。 張りやすいサイドとトップの境目は、ピンパーマで馴染みやすく仕上げました。 頭の丸みに沿うような毛先の動きで、このヘアスタイルの特徴である、“頭の形を綺麗に見せる効果“を髪質にとらわれず最大限に活かすことが可能になりました。 [セット方法]  1. 根元のドライ   頭皮に直角に風が当たるようにドライヤーを少し離しながら全体を均一に乾かします。完全に乾かしてしまうとパーマの動きが出にくくなってしまうので、この時点では全体の60〜70%ほど乾いてきたら次の工程に入ります。  2. 髪の動き、方向を決めるドライ  前髪を立ち上げたい場合は顔の前から上に向かって前髪に風をあてる、サイドのボリュームをなくす場合は上から下に向かって頭に沿わせるようにボリュームを無くしたいポイントに風をあてて下さい。  パーマヘアは濡れている時が一番カールが強く、乾いていくに従って弱くなっていくので、乾かしすぎにはご注意下さい。 [ヘアセット] 毛先がまだ水分を少し含んだ状態でグリースを揉み込みます。頭皮には触れないように頭全体に馴染ませて下さい。 “最初に全体に付けた後に整える”イメージで行うと付けムラが起こりにくく、失敗のリスクが下がります。 今回のスタイリング剤は、 COOLGREASE SUPERIOREのVanillaを使用しました。 グリースとワックスの間のような質感で、伸びがよく、髪に艶を与えながら、パーマの柔らかいニュアンスを表現しやすいグリースです。 男らしくスポーティな印象になりやすいメンズの刈り上げスタイルを、柔らかく都会的な印象にすることができるパーマ。 これから夏に向かって暑くなる季節に、ぜひ一度ご検討下さい。 ...

ビジネスシーンにも取り入れやすい、刈り上げで作る清潔感のあるメンズヘアスタイル

今では街の中、映画、TVで必ず目にする“刈り上げ“の技法を駆使したメンズヘアスタイル。  昔はスポーツマンや軍人など、限られた職種の人が実用性を求めておこなっていたヘアスタイルでした。 しかし、清潔感を求めるビジネスマンの方やスポーツマン、タレントなどの影響で“刈り上げ“がヘアスタイルのファッションの一部として広まってきました。 これから暑くなり汗ばむ季節に適した、WIT. の刈り上げスタイルを紹介させていただきます。 【刈り上げのメリット】  1. 清潔感  刈り上げの種類によっても異なりますが、襟足や耳周りといった伸びて長さが出ると気になってくるポイントの髪がなくなるので、清潔感を長く保つことができます。  顔にかかる髪の毛もなくなるので、肌荒れ等も防ぐことができます。  2. 服装やシーンにとらわれない。  髪型が主張しすぎないため、ビジネススーツからカジュアルな洋服まで、様々な服装にマッチすることができます。  帽子やサングラス、今の時期ですとマスクの着用のし易さも期待できます。 【WIT. の刈り上げスタイルの特徴】  1. 刈り上げ位置の高さ  写真でも確認できる通り、他店の刈り上げと確実に違うポイントがバックの刈り上げる位置が高いことです。  一般的な刈り上げスタイルより数センチ高い位置まで刈り上げることで頭の形が良く見え、サイドのシルエットが綺麗になります。  2. トップの髪の毛を軽くしすぎず重みを残す  刈り上げ部分とのメリハリを出すことで、1つのヘアスタイルとしての完成感が上がり、スタイリング剤もつけやすくなります。  お1人お1人の髪質や顔の形を見ながら、似合わせていきます。  3. サイドをぼかしすぎず、適度なラインを残す  このラインを残すと、ヘアスタイルとしての個性が出てきます。お客様とご相談しながら服装やご職業に合わせてより良いものをご提案させていただきます。 今では男性のベーシックな髪型の1つとして定着している刈り上げ。 数ミリでデザインがガラッと変わるスタイルです。 お客様と話し合いながら似合うものを見つけていけたらと思います。 この機会に是非、刈り上げスタイルで暑い夏を快適に過ごしてみてはいかがでしょうか?...

伸びてボリュームが気になる刈り上げのセルフメンテナンス方法

「刈り上げが伸びて、サイドのボリュームが出てきた」 刈り上げスタイルの方が、髪の毛を切りたくなるタイミングはこう感じる時ではないでしょうか? 髪の毛は1ヶ月で約1cm伸びます。1週間では約2.5mm。 男性で刈り上げている方は、3週間ほどでモサつきが気になってくると思います。 美容室に行きたいけど外出自粛で、スケジュール的に今すぐはいけない。 そういった方に向けて、“簡単”で“ミスのない”セルフ刈り上げの方法を説明させていただきます。 今回の刈り上げ方法についての動画を、InstagramのIGTVに上げておりますので、併せてご確認いただけるとより分かりやすいかと思います。 ミスをしないためのポイントは2つ。”刈り上げの長さ”と”刈り上げる場所”です。  1. 刈り上げの長さ  推奨する長さの設定は6mm以上です。  それ以下になると刈り上げ部分が青く感じる長さになり、トップとの馴染ませが難しくなってくるからです。   6mm以上であれば、多少のムラがあった際も気にならなくなります。  2. 刈り上げる場所。  ここが重要なポイントです。  刈り上げの終わりを耳上のポイントに持ってくる。  耳より後ろは刈り上げてない。ということです。  人間の頭を正面から見て1番横に広がっているのは、耳上の部分です。  この部分を残しておけば、刈り上げによる頭のシルエットが悪くなることはありません。 今回説明させて頂いたメンテナンス方法は、あくまで美容室に行けない期間を少しでも快適に過ごしていただくためのものです。 大切なのは、高い完成度を求め過ぎないこと。 全体を見ながら、少しずつ、途中で手を止めて鏡から離れて確認しながらおこなって下さい。 なかなか美容室に行けないこの時期に、少しでもお困りの方のお役に立てると幸いです。 ...

WordPress › エラー

サイトに技術的な問題が発生しています。