fbpx
About WIT.

東京都目黒区青葉台1-15-8 青葉台エスカリエB1F

03-6874-1995

Jump to contact page

Follow Us

カラー Tag

オラプレックスカラーでダメージレスなハイトーン

オラプレックスカラーでダメージレスなハイトーンに

暖かくなってくると、髪色を明るくしたいという方が多くなってきます。 継続して明るめのカラーを重ねれば、カラー剤でもある程度の明るさにすることはできます。 しかし、染められる色味の幅や透明感は、ハイライトやブリーチの方が格段に上です。 ただ、ブリーチには抵抗があるという方も多いのが実際のところ。 1番の要因としては、ダメージがあげられます。 ブリーチは髪の色素を脱色する力が強く、カラー剤よりかなり明るくできる分、受けるダメージも大きなものになります。 ハイトーンカラーで髪の毛を綺麗に保つ為にはOLAPLEXが必須です。 OLAPLEXとはアメリカの科学者が開発した新世代のヘアトリートメントです。 カラーやパーマの薬剤に混ぜることで、薬剤からのダメージを最小限に抑える処理剤として、ここ数年美容業界で飛躍的にヒットしました。 ".薬剤からのダメージを抑える"と聞くと、髪の外部を補修することをイメージしがちですが、OLAPLEXは髪外部だけでなく髪内部にも作用します。 髪内部に必要な栄養補給を行いハリとコシを与え、表面のキューティクルを整え艶とまとまりが出ます。 ダメージした毛というのは、髪内部の組織がスカスカになっている状態。 そのような髪にはカラーやパーマの薬剤も作用しにくく、染まりムラや色落ちなどの支障がでます。 OLAPLEXはそういった元のダメージを補修しながら薬剤の作用にも良い影響をもたらします。 薬剤のダメージを抑えることは勿論、ムラなく染まり、色持ちも良くなります。 勿論ハイトーンだけでなく、暗めのカラーにする際も効果的です。 ダメージを気にせず、今までより選択肢の広がったカラーリングを楽しんでみてはいかがでしょう。 上記写真のカラーは2ブリーチしたベースに、柔らかいベージュのカラーを重ねました。 ブリーチにも、カラー剤にもオラプレックスを使用しました。 ご自宅でもオラプレックスのプロダクトを使用してくださっているので、色落ちしても綺麗な状態を保てています。 サロンでの施術でダメージを抑えることも大事ですが、その後のホームケアでも仕上がりの持ちに差が出ます。 ホームケアも丁寧にお伝えしますのでご相談ください。 ...

今、暖色系カラーを推したい理由

今、暖色系カラーを推したい理由

トレンドのヘアカラーは何ですか? 度々頂く質問ですが、ここ数年トレンドレスが続いている状態。 一時流行るスタイルはありますが、多種多様なスタイルが生み出され、人気が分散されるため、"これ"といったトレンドがありません。 そんな中で私が今、この寒い時期にお勧めしたいのが暖色系のカラーです。 寒色系の人気が根強い中、暖色系のカラーもじわじわと人気が出ています。 少し前までは日本人特有の赤みや黄みが出ることを嫌い、青みの強いアッシュやブルージュ、グレージュなどが主流でした。 赤みを綺麗に消してくれるカラーで、透明感や外国人風の印象を与えます。 ただ最近はピンクやオレンジ、ベージュやブロンドなど、赤みや黄みを敢えて残したカラーも受け入れられるようになりました。 ピンクやオレンジなどの暖色系は肌馴染みが良く血色が良く見える効果もあります。 分かりやすいのがチークです。 マスクでチークが目立たない今、ヘアを暖色系にすることでお顔周りを明るく見せるのも効果的です。 暗く重くなりがちな冬のファッションに、ヘアカラーでアクセントを加えることでトータルバランスが良く見えます。 写真のカラーは一度ブリーチした上からピンクを重ねています。 色落ちも綺麗に楽しめるように、紫をほんの少し混ぜています。 これくらいの発色をさせるためにはブリーチが欠かせません。 ブリーチはできないという方でも、濃いめのピンクやオレンジの薬剤を使用して、ほんのりと暖色カラーにするのも可愛いです。 今まで寒色系カラーばかりだったという方も、一度試してみてはいかがでしょうか。 今までと違ったファッションやメイクとの組み合わせを楽しめます。 ...

艶感と透明感を楽しめるヘアカラーの暗髪にする方法

2020年人気のヘアカラーの暗髪。 艶感と透明感を同時に叶えることの出来る暗髪について、今回ご紹介させていただきます。 まず、暗髪についてですが、黒髪よりも少し明るく、優しいニュアンスの出るヘアカラーを指します。 WIT.では、その中でもアッシュ系の暗髪を得意としています。 アッシュ系の暗髪には、以下のメリットがあります。 ・艶感が高い ・赤みを抑えられる ・服装を選ばない ・ヘアカラーの持ちが良い ・柔らかな質感になる 今回のヘアカラーでは、更にアッシュ味を多く配合し、透明感を強く演出しました。 その際に重要となるのが、下記の点です。 1. 明るめのカラーを混ぜる  色素が濃すぎると、透明感が薄れて重たい印象になります。  そこで、明るいトーンのヘアカラーを混ぜることで、透明感を出しつつ色素を濃く入れるので、赤味を抑えつつ、透明感と艶感も実現します。 2. 髪質に合ったアッシュ味の選定  髪質に合った色味を選ばないと、上手く暗髪を演出出来ません。   WIT.ではアッシュ系だけでも多く揃えているので、お一人お一人に合わせたオリジナルの色味を調合致します。  それにより、自然で洗練された雰囲気を実現します。 また、暗髪と相性の良いヘアプロダクトを使うと、更に艶感が増し魅力を引き上げてくれます。 会社の規定などでヘアカラーの楽しめる幅が決まっている方、明るめのヘアカラーから変化を求めている方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか? 自然な柔らかさと、高い艶感と透明感で、更にヘアスタイルを楽しめる暗髪を提案致します。 ...

従来のヘアオイルとは違う、髪の毛の内部から補修する オラプレックス No.6/No.7

従来のヘアオイルとは違う、髪の毛の内部から補修する オラプレックス No.6/No.7

「毛先がパサつく」 「癖で上手にセットできない」 「ヘアカラーやパーマで髪が傷んでしまった」 髪型や髪質は違えど、髪の毛に悩みを抱えている人は少なくないと思います。 夏になり髪の毛を明るくしたいけど、髪の傷みが気になるからなかなかチャレンジできない、という声を最近よく耳にします。 そんな方におすすめしたいトリートメントとオイルが、OLAPLEX(オラプレックス) の No.6 (Bond Smoother)と新しく日本に上陸した No.7 (Bonding Oil) です。     OLAPLEX(オラプレックス)は2014年にアメリカLA発のヘアケアブランド。 成分が髪の内部に入り込み、傷みで壊れた結合部分を再結合させることができるという世界特許技術、ボンドサイエンステクノロジーで世界140ヶ国でー愛用されるブランドです。 従来のトリートメントが、タンパク質で髪の空洞を埋めてコーティングするのに対し、オラプレックスは、髪の結合部分をつなぎ合わせて強化して髪自体に耐力を持たせる働きを可能にしました。    No.6 (Bond Smoother) クリーム状の“洗い流さないトリートメント” しっかりした濃厚な質感のクリームですが、手のひらで伸ばすと柔らかくなり、髪に付けると重すぎずにサラリとした質感になります。 シャワー後、濡れた髪にに少量ずつ毛先から付け、乾かします。 スタイリング剤としても使用可能なので、乾かした後にも同じような手順で付けて頂くと、髪が柔らかくまとまります。 No.7(Bonding Oil) ヘアオイル 他のヘアオイル同様、濡れた髪に、乾かした後にお使い頂けます。 サラリとした印象ですが、スタイリングでお使いいただくとナチュラルでウェットな仕上がりになります。 No.6 と混ぜて使用する方法をブランドが推奨している他に、ご自身でお持ちのヘアワックスやヘアバターと混ぜて、柔らかさや艶感を増すのにもお使いいただけます。 カラーを繰り返して傷んでしまった髪、癖毛で普段からケアしているのにパサパサしてしまう、という方に使っていただけると、オラプレックスの持っている特徴を最大限に引き出せると感じました。 今、世の中にはたくさんのヘアケアプロダクトの情報が、様々なメディアに載っていて、本当に自分に合った物が分からなくなることもあると思います。 年齢や季節の変化で今まで使っていた物が合わなくなってきた、繰り返すカラーやパーマの影響で髪の毛が傷んでいる、今愛用している物に少し飽きてしまって新しいアイテムを探している、、 そんな方におすすめしたいトリートメントとオイルです。 従来のトリートメントやバスアイテムと併用して、内部補修と表面コーティングの組み合わせにしても、髪の毛が凄く綺麗になります。 是非一度、手に取って、違いを感じてみて下さい。  ...

品のあるナチュラルな立体感を与える、WIT.のハイライトカラー

品のあるナチュラルな立体感を与える、WIT.のハイライトカラー

暖かくなるとオーダーが増えるのが、ハイライトカラーです。 ハイライトとは、ベースより明るい色の束をいくつも入れることによって動きや立体感を与えるものです。 WIT.のハイライトカラーのこだわりは、糸のように細い束を沢山入れることです。 メッシュと呼ばれていたものより、遥かに細く、その分多く入れることによって、ナチュラルで品のある立体感を生み出せます。 細く沢山入れるので、手間や時間は掛かってしまいますが、この一手間二手間で仕上がりに大きな差が出ます。 そしてWIT.のハイライトのもう一つの利点は、一度入れたらしばらく楽しめるということです。 細くたっぷり入れたおかげで、とてもナチュラルに仕上がるので、退色したり根元が伸びてきても品を失いません。 染めたてから色落ちする過程も楽しめるのがハイライトの魅力の一つです。 白髪染めをしている方でも、生えてきた白髪が馴染むのでハイライトを入れる方も多いです。 明るくしたいけどダメージが気になると言う方も、ハイライトを選択すればダメージを抑えつつも全体のトーンアップが可能です。 4月に入り新年度が始まりましたが、休校やテレワーク、外出自粛などで思うような生活ができない方も多いと思います。 ヘアスタイルが精神に及ぼす力は大きいと私達は思っています。 少しでも気分が明るくなるよう、暖かい季節を楽しみに出来るよう、髪色を変えてみてはいかがでしょうか。 無理のない範囲でのご来店お待ちしております。 ...

暗めのヘアカラーでもしっかりと透明感のあるダークグレージュ

暗めのヘアカラーでは、一般的に透明感を出す事が難しいとされていますが、WIT.ではそのどちらも叶える事が出来ます。 季節に合わせたカラーチェンジで、気分や雰囲気に変化をつけたいが、暗めのヘアカラーも気になるという方は是非ご参考にして下さい。 暗めのヘアカラーにすると透明感を出す事が難しいとされているのは、カラー剤の明るさを下げる事で、配合されている茶色の色素が多くなり、髪の毛から透け感が失われるからです。 その為、様々な改良を加えたカラー剤が続々と発売され、WIT.では試験を繰り返し、最適だと考える組み合わせを見つけて、オリジナルレシピを確立致しました。 そこで今回は、暗めのヘアカラーでもしっかりと透明感があるダーググレージュについてご紹介致します。 今回のヘアカラーでポイントとなるのは、下記の点です。 1. ベースのヘアカラー剤にベージュを使用する  茶色の色素の中でも、薄い色素で柔らかい印象になるベージュをベースとして配合する事で、より透明感の増したヘアカラーとなります。  今回は、ベージュと相性抜群のグレーを加えて、スモーキーなニュアンスも演出しています。 2. ヘアカラーと相性のよいトリートメントを加えて、更に艶感を与える  暗めのカラーのメリットの一つである艶感をより引き出す為に、オラプレックストリートメントを加える事をお勧め致します。  それにより、カラー剤でのダメージ負担を減らしつつ、栄養素を髪に与えるので、驚くような艶を得られます。 上記の点を踏まえて、お一人お一人の髪質やライフスタイルに合わせたヘアカラーを、丁寧のカウンセリングで提案致します。 これから春に向けてカラーチェンジを検討されている方は、ダークグレージュにしてみてはいかがでしょうか? 春服やメイクと合わせるのが、楽しみになるヘアカラーを提案致します。...

暗めでも透明感が実現できるヘアカラー ダークベージュ

「暗めのヘアカラーでも透明感を出したい」 お勤め先や学校の関係で、ヘアカラーカラーの楽しめる幅が狭くなってしまう方もいらっしゃると思います。 そのような方にも、ヘアカラーを楽しんでもらいたいという想いから、暗めと透明感の両方を同時に実現できるようになりました。 そこで今回は、暗めの髪でもしっかりと透明感が出るナチュラルなダークベージュについてご紹介致します。 カラー剤の進歩と、新たなカラー剤に合わた技術の向上により、近年飛躍的にヘアカラーの幅が広がっています。 その代表的な一つが暗めでも透明感を実現するヘアカラーです。 このヘアカラーの主なポイントは下記の点です。 1. 色味が鮮やかに入る  カラー剤が明るくなると、配合されている色素は薄くなっていきます。  反対に暗めのトーンのカラー剤には色素が多く含んでいるため、色鮮やかな色味が実現できます。 2. 色持ちが良くなる  1.でも説明致しましたが、暗めのヘアカラーは色素を多く含んでいるため、退色がしづらく、長い期間楽しんでいただけます。  また、退色中の色の変化も楽しんでもらえるように、髪質に合わせた配合の構成を考えてヘアカラーすることで、一度で色々な髪の表情を楽しんでもらえることも魅力です。 3. ナチュラルな透明感  ベージュの色味をベースにすることが、透明感と暗めを両立する肝となります。  様々な色味と相性が良く、髪の毛の核として繋がるブラウンの色素も持ち合わせているので、幅広い髪質に適応する事ができます。 写真の場合はグレーの色味を足して、冬らしく淡い色味を演出致しました。 また、暗髪と黒髪は全く異なります。 黒髪は赤系の色素が集まって暗くみえるのに対して、暗髪はブラウンやベージュの色素が多く、黒髪にはない透明感が演出できます。 その為、自然な明るさが出て、印象が柔らかくなります。 様々な理由からヘアカラーを諦めてた方は、一度ナチュラルなダークベージュに挑戦してみてはいかがでしょう? 少しの変化が、大きな違いを生み、新たな気分で過ごせるようなヘアカラーを提案致します。 ...

ブリーチをしないで、赤みの無い透明感のある髪色を実現するアディクシーカラー

ブリーチをしないで、赤みの無い透明感のある髪色を実現するアディクシーカラー

「地毛のようにナチュラルで、透明感のある洗練された髪色になりたい」 多くの方が望まれた事があると思います。 WIT.では、実現する事が難しいとされている、そのようなヘアカラーを得意としています。 そこで今回は、外国人の地毛のような透明感の高いナチュラルなヘアカラーについてご紹介致します。 多くのご要望がありながらも、以前は実現が難しかったこのようなヘアカラーを施術出来るようになったのは、下記の2点による変化が大きいです。 1.カラー剤の進化   日々進化する美容製品の中でも、カラー剤は著しく進歩しています。   今までは、ブリーチをせずに、透明度の高いヘアカラーにしようとすると、日本人特有の赤みが残ってしまうか、くすんでしまうなどの問題が発生しやすい現状がありました。   しかし、近年発売した「ミルボン社のアディクシーカラー」は独自の配合により、そのような問題を解決し、ブリーチなしでも赤みをしっかり打ち消し、高い透明感を実現する事が可能になりました。 2.技術力の進歩   カラー剤の進化に合わせるように、カラー塗布の技術も日々進歩しています。   メーカーによってカラー剤の特徴は各々異なりますが、WIT.では、研究・試作を繰り返し、それぞれのカラー剤に最適な塗布方法と放置時間のメソッドを確立致しました。   それにより、以前よりも細やかな部分までニュアンスを表現することが出来ます。   また、様々な髪質とご要望にお応えする為に幅広くカラー剤を揃えています。   お一人お一人に合わせたカラー剤と塗布方法を選定して、ご要望のヘアカラーにするだけでなく、美しさや透明感も同時に実現しています。 また、クオリティの高いヘアカラーを実現・継続する為には、積み重ねもとても重要になります。 ここで言う積み重ねとは、髪質に合ったヘアカラーとヘアケアを続ける事です。 髪質に合ったカラー剤を継続して使用する事で、髪内部に色素が定着するので、色味が綺麗に出やすくなり、退色しづらくなります。 またヘアケアによって、髪の状態が良くなると、表現出来る幅が広がります。 その為ヘアカラーをされる方には、その時の仕上がりだけで無く、中長期的なプランも含めたご提案をさせていただいております。 ヘアカラーにこだわりがある方や、なかなかご希望のヘアカラーが再現出来ないとお困りの方は、是非一度ご相談下さい。 思わず何度も鏡を見てしまうような、クオリティの高いヘアカラーを実現致します。...

髪に驚くほどの効果を与えるオラプレックストリートメントを使ったヘアカラー

ヘアカラーをする際、理想の髪色と発色を実現するために、なにが重要だと思いますか? もちろん施術の技術は大切ですが、実は髪の毛のダメージやコンディションによっても大きく左右されます。 日常では、様々な場面で髪に負担を与える機会が多く存在します。  ・ドライヤーやアイロンによる熱のダメージ  ・ブラッシングや寝返りの際に生じる摩擦などの物理的なダメージ  ・カラーやパーマによるケミカルなダメージ これらが原因で髪の毛のコンディションが整わず、せっかくのヘアカラーが綺麗に見えない場合があります。 そこで、WIT.では、髪を補修しながらカラーを施すことができるオラプレックスカラーを推奨しています。 オラプレックストリートメントは、アメリカで科学者が主導となって開発した新世代のヘアトリートメントです。 従来のトリートメントが髪の毛の外部に向けて補修するのに対して、オラプレックストリートメントは髪の毛の内部に直接栄養を与えます。 そこで、ヘアカラーにオラプレックストリートメントを配合して施術をおこなうことで、色味を入れながらも同時に内部を補修する事が出来ます。 これによってムラの無い綺麗な発色を実現し、柔らかい手触りとツヤ、透明度の高いヘアカラーを得る事が出来ます。 もう一つの特徴として、従来のヘアトリートメントと併用できる点も魅力です。 どちらも異なる方法でアプローチをして髪の毛の補修を行うので、両方行うことで更に高い効果を得られます。 その為、お時間がある方には、2つ合わせて行う事がオススメです。 希望の髪色やツヤが実現出来ないとお悩みの方や、今よりも高いクオリティのヘアカラーをお求めの方は是非一度お任せ下さい。 WIT.の持つ高い技術と、オラプレックスを用いたヘアカラーで、今まで得られなかった髪色やツヤ、透明感のある最高の成果を体感していただけます。...

透明感の高いモノトーンアッシュを用いたこの夏おすすめのヘアカラー

今年の夏は、透明感が高く自然な雰囲気のヘアカラーがトレンドです。 その中でも、日本人特有の赤味を打ち消し柔らかな印象になる、モノトーンアッシュの色味が特に人気があります。 一般的に、アッシュやモノトーンのヘアカラーは、色素の濃い色に対してくすんでしまう傾向があり、透明感を保つ事が難しくなります。 WIT.では、独自の特殊な配合によって濃度の高い髪色と透明感の両立を実現しています。 使用するカラー剤にもこだわりがあり、色持ちが良く、髪や頭皮に優しい成分の物を選んで使用しています。 また、明度の高いヘアカラーにする上で重要となるのが、肌との相性です。 お一人お一人の髪質や雰囲気に合わせて、細部まで計算をした配合により、その方にとって最適な色味が実現しています。 夏に向けて新たなヘアーにされたい方や、気分を変えたい方、ご興味をお持ちいただけた方はぜひ一度ご相談下さい。 ご旅行や花火大会など、この夏お出かけする事が楽しみになるヘアカラーをご提案いたします。...

internal_server_error <![CDATA[WordPress &rsaquo; エラー]]> 500